井ノ原快彦~公園をプロデュースしてみたい

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に歌手で俳優の井ノ原快彦が出演。現在の、またこれからやってみたい趣味について語った。

井ノ原快彦

黒木)今週のゲストは歌手で俳優の井ノ原快彦さんです。趣味は何ですか?

井ノ原)動物を育てるのが好きです。犬が3匹いて、カブトムシが何十匹もいます。それから熱帯魚やカエル、亀。

黒木)カエルはおたまじゃくしのときからですか?

井ノ原)いえ、アマガエルなので小さいのですが、捕まえて来て、いまは冬眠しています。「ネイチャーアクアリウム」と言って、水草から育ててCO2を添加しながら草を育て、エビや魚などの生態系をつくって行くというものがあって、命あるものなのでやめるということはないのですよ。ですから、それがずっと続いている趣味かも知れないですね。

黒木)これからやってみたい趣味などはありますか? 

井ノ原)やってみたいと言えば、小さくてもいいのですが、公園をつくってみたいです。変な公園をつくれたら楽しいだろうなと、漠然としているのですけれども。

黒木)「変な」の変というのはどういう感じですか?

井ノ原)「これはどうやって使うのだろう」というような。

黒木)アートみたいな。

井ノ原)はい。アートの才能はないのですが、そういう人たちと一緒にできたらいいなと思いますし、使う人によって発想が変わるものがいいなと。漠然となのですが。

黒木)区の方に相談されたら、「この公園をプロデュースしてください」と言われるかも知れないですよ。

井ノ原)それはいいですね。実は近所に開発をしようとしている公園があって、そこに名乗り出てみようかと思って、ツンツンしているところです。見学会があったのですよ。「これからこの更地を公園にします」というような、それに参加して、どのようにするのかを聞いてみたら、「近所の人たちの意見を取り上げるのがいちばん成功する」と言っていたのですよ。そうすれば「こんなものはいらない」と言われることがないと。「自分たちが言ったのだから、自分たちで掃除もするし、守って行くというものがいい公園だから、どんどん意見をください」と言われました。そこで、みんなに気にかけられるような公園ができたらいいですよね。漠然とですけれども、そんなことを考えています。

黒木)動物を育てる以外で何かありますか?

井ノ原)読書も好きです。特に年末から黒木さんと谷川俊太郎さんの詩の話をして、改めて詩集を読んでいます。若いころから持っている詩集をいま読むと、まったく違うのだと。黒木さんの詩集に関しても、具体的なエッセイ集を読むよりも黒木さんという人をわかった気になります。「こんなふうに思ったのか」と。

黒木)お持ちになっている詩集は、私が10代~20代のころの青い自分ですので、詩の世界を堪能して言葉を遊んでいるということの方が大きいかも知れない。

井ノ原)『恋のちから 愛のススメ』を読むと、情景が僕らが知っている黒木さんではなくて、お母さんなのだな、とか、奥さんなのだなというところを覗かせていただいた気がして、想像するのが楽しいなということに、ここ最近気づきました。

井ノ原快彦

井ノ原快彦(いのはら・よしひこ)/歌手・俳優

■1976年5月17日生まれ。東京都出身。
■小学生時代にジャニーズ事務所に入所。
■1995年に「V6」としてシングル『MUSIC FOR THE PEOPLE』でCDデビュー。V6の年長組ユニット「20th Century」でも活動。
■V6での活動と並行し、俳優、タレントなど幅広い分野で豊かな才能を発揮。ドラマ『警視庁捜査一課9係』『特捜9』、映画『ピカ☆ンチ』などのシリーズ作品をはじめ、数多くの作品に出演。2020年には映画「461個のおべんとう」に主演。
■2010年から8年間、NHK朝の番組『あさイチ』のキャスターを担当。2015年には『出没!アド街ック天国』の2代目司会に就任。2015年のNHK『紅白歌合戦』では白組司会を担当。
■2021年1月10日からNHKプレミアムドラマ枠で放送される、『カンパニー~逆転のスワン~』に主演。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top