カナダ下院が中国のウイグル弾圧を“反対ゼロ”で「ジェノサイド」認定 日本の姿勢は?……辛坊治郎がこの新聞記事に言及

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎氏が2月24日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。カナダ国会が中国のウイグル族などへの人権侵害を「ジェノサイド」認定したことを伝える新聞記事に言及した。

中国は2020年10月14日午前、広東省深セン市で深セン経済特区〈SEZ〉設置40周年を祝う盛大な大会を開いた。習近平共産党総書記・国家主席・中央軍事委員会主席がこれに出席し、重要演説を行った。〔新華社=中国通信〕写真提供:時事通信社

辛坊)夕刊フジ、今日(2月24日)の2面なのですが。

『カナダ国会が、中国の人権侵害に立ち上がった。』

~『夕刊フジ』2021年2月24日発行(2面) より

増山)はい。

『中国当局が、新疆ウイグル自治区で行っているウイグル族らへの人権侵害が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」だとする非難決議を、カナダ下院が22日、圧倒的多数で採択したのだ。欧米の政治家や人権団体が、2022年北京冬季五輪へのボイコットなどを呼びかけ始めるなか、日本の姿勢も問われそうだ。』

~『夕刊フジ』2021年2月24日発行(2面) より

辛坊)……ということで。

増山)ええ。

辛坊)これ読んでみると……

『注目の動議は、最大野党・保守党が提起した。下院定数338のうち、与党・自由党議員の大半を含む266議員が賛成した。反対はゼロだった。』

~『夕刊フジ』2021年2月24日発行(2面) より

辛坊)このまとめの文章なのですが、石平さん。この番組でもおなじみの石平さんが語ってらっしゃいますが……

『中国事情に詳しい評論家の石平氏は「(中略)日本の国会も、中国の人権問題に目を向けて、非難決議をすべきではないか。『人権』を掲げる野党もあるが、賛成しなければ自己否定になる」と語った。』

~『夕刊フジ』2021年2月24日発行(2面) より

辛坊)この記事をちょっと読んでいただくと、いま世界で、やはり中国の人権問題を巡ってなにが起きているかはわかるのです。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

太平洋横断にチャレンジする、辛坊治郎の帰りを待ちながら、期間未定で日替わり助っ人パーソナリティがいま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組。
[パーソナリティ]月曜:立川志らく/火曜:週替わり(3/30、4/6 小倉智昭)/水曜:吉田尚記アナウンサー/木曜:飯田浩司アナウンサー
[アシスタント]増山さやかアナウンサー


Page top