“手相芸人”島田秀平と“琉球風水志”シウマ「備えておくことが大事」 2021年の“今後”を語り合う

By -  公開:  更新:

琉球風水志・シウマが、ポッドキャスト番組「島田秀平とオカルトさん!」(ニッポン放送 Podcast Station ほか)に出演、“2021年の世界で起こる出来事”について語った。

“琉球風水志”シウマ、島田秀平

画像を見る(全3枚) “琉球風水志”シウマ、島田秀平

芸人であり手相占い師である島田秀平がパーソナリティのポッドキャスト番組「島田秀平とオカルトさん!」。4月23日の配信回のゲストは、『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)でおなじみの“琉球風水志”シウマ。手相と琉球風水というジャンルの異なる2人が「2021年の世界はどうなっていくのか」を語り合った。

島田:「歴史や時代はくり返す」って言いますよね。

シウマ:言いますね。

島田:いまコロナ禍で、疫病が世界的に蔓延している……これって歴史的に見て、今までもあったことなんです。疫病が蔓延したあとって地震が起きる。そして世の中が不安になったところで独裁者が出てきて戦争が起こる……というのが、ワンセットになっているんです。

シウマ:そうですね。2021年は暦の中では「正義が勝つ」という年になっているんですけど、この正義が「歪んだ正義」である可能性もあるんです。

島田:ニューリーダーがいい方向に導いてくれる人ならいいんですけど、歪んだ独裁者だったら問題ですね。

シウマ:今は「本物・実力者が生き残る」という時代に入ってきているので、「本物」を見極める目が大切になっています。

島田:暦の話で言うと、60歳のことを「還暦」=暦がひとめぐりするって書きますけど、60年周期でいろんなことが起こるって言われているんです。

シウマ:はい。

島田:60年前の1961年に何があったかというと、「人類が宇宙に飛び立った年」なんです。だから今年、宇宙に関する大きなニュースがあるんじゃないかと言われています。

シウマ:宇宙に関することで言うと、2021年は暦の中で「六白金星」という年で、自然界に当てはめると「天」のエネルギーなんです。最近「隕石」や「火球」など、天にまつわるニュースが多いので、宇宙にまつわる出来事が増えているのかなと思いますね。

島田秀平とオカルトさん!

島田秀平とオカルトさん!

占いのスペシャリストであるのと同時に、「都市伝説」の語り部として、様々なオカルトを熟知している島田秀平。ここでブルガリアのある有名な予言者のエピソードを語った。

島田:ブルガリアで、あまりにも当たりすぎるから「その人の予言を国家機密にした」という予言者ババ・ヴァンガが、「2021年に人類が仰天するようなニュースが飛び込んでくる」って予言しているんですよね。もしかしたら、「宇宙人が見つかりました」ってニュースがあるかもしれません。

シウマ:先ほどの地震もそうですけど、「六白金星」の年は、台風が大型化して猛威を振るうことがあるので、気を付けたほうがいいです。

島田:自然災害とか天変地異は起きないことが1番ですけど、備えておくことは大事ですね。

シウマ:起きない……じゃなくて、「起こる」という前提で対策をしておいた方がいいです。

島田:先ほどのババ・ヴァンガの話に戻りますけど、じつは「2021年は天変地異に見舞われる」って予言しているんですよ。

シウマ:危ないですね。

島田:いろんな人たちがいろんな場所で同じように警鐘を鳴らしているので、気を付けましょう。

番組情報

島田秀平とオカルトさん!

毎週金曜24:00配信

番組HP

芸人であり手相占い師としても多くの著作を世に出す島田秀平がパーソナリティを務めるポッドキャスト番組「島田秀平とオカルトさん!」。

毎回、MC島田秀平だからこそ成立するゲストを招き、地上波ラジオでは掘り下げきれない、ポッドキャストならではのテーマで語り尽くす。

配信ページは上の『番組HP』ボタンをクリック↑


Page top