琉球風水志・シウマ「数字によって人は動かされている」

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、琉球風水志のシウマが出演。琉球風水について語った。

ニッポン放送「あさナビ」

黒木)さまざまなジャンルのプロフェッショナルからお話を伺って行くあさナビ、今週のゲストは琉球風水志のシウマさんです。琉球風水とはどういうものですか?

シウマ)簡単に言うと、いま出ている風水は方位説と言って、8方位のエネルギーを取り、自分のルールに則って形をつくって行くものです。琉球風水は地勢説と言い、もともとは地理学なのです。その土地の状況に合わせて、住みよい環境をつくるのが琉球風水です。その人たちが住んでいる状況に応じて、開運に導ける提案をします。

黒木)その上で、数意学をやっていらっしゃるのでしょう?

シウマ)よく風水と数字はまったく別物だと言われるのですが、琉球風水は基本が動くことです。行動を起こすことが開運を呼ぶという、物理学のようなところがあるのです。

黒木)行動を起こすことから、開運は始まる。

シウマ)数字は自然に動き慣れているではないですか。

黒木)どういう意味ですか? 例えば、住所とか?

シウマ)それもありますし、何月何日、何時何分に合わせて行動しますよね。数字によって人は動かされているのです。

黒木)月日もそうか。時間も。

シウマ)もともと数意学というものがオリジナルなのですが、姓名判断の画数のなかに吉数字と凶数字がありまして。それを基に、数字を外に出してみたのですね。

黒木)数字を外に出すというのは、どういう意味ですか?

シウマ)日にちや、固定電話の下4桁を足した合計数字が何番になるかによって、その家の運気が高いのか低いのか、統計を取り始めたのです。

黒木)うちの下4桁を足したらこの数字なのですが、これは悪くない数字ですか?

シウマ)これはものすごくいい数字で、特に仕事の運気が高い数字です。

黒木)例えば、これは?

シウマ)これはよくない数字です。家中が短気になりがちで、まとまりにくくなる数字です。

黒木)電話番号の下4桁を足して、その数字で統計を取った。それで統計学ということですか?

シウマ)その統計から、いい数字はいいエネルギーを持っていて、悪い数字は進もうとしても邪魔されてしまうという統計が出たのです。いまで言うと、携帯電話やスマホの下4桁です。

黒木)携帯電話は見て貰いたくないな。怖いですね。これは?

シウマ)これもいい数字です。

黒木)よかった。いいとか悪いとか言われると、一喜一憂してしまう器の小ささ。

シウマ)そんなことはないです、みなさんそうです。

黒木)その数字は、0からいくつまであるのですか?

シウマ)姓名判断だと、0から81まであります。ただ下4桁に特化すると、0から36になります。

黒木)例えば下4桁だとしたら、誕生日もあるのですか?

シウマ)誕生日はまた別の方法になります。それが琉球風水と数字との関係性です。例えば、悪い数字を持っている人がいい数字に変えたいと言って、いい数字に変えました。これは行動ですよね。よくなりたいと思って行動を起こす。それによって運気は上がって行くので、数字を変えるハードルは低いのです。

黒木)簡単にできるということですか?

シウマ)変えられないものではなくて、変えられるものを変えて行くのが、琉球風水の1つのポイントになります。

黒木)ポジティブですね。行動を起こすことによって、開運を得るということですね。

ニッポン放送「あさナビ」

シウマ/琉球風水志

■1978年生まれ。沖縄県沖縄市出身。
■風水師の母の影響を受け、大学時代から姓名判断や九星気学などを研究。
■沖縄の風土で育まれた沖縄独自の「琉球風水」と、姓名判断を元に編み出したオリジナル占術「数意学」で延べ5万人余りを鑑定。
■メディアにも登場し、すぐに実践できる具体的な開運アドバイスなどを行っている。

ENEOSプレゼンツ あさナビ(12月30日放送分より)
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top