黒木瞳、“奇跡の88歳”岸惠子とスペシャル対談

By -  公開:  更新:

黒木瞳が、岸惠子と女優同士のガチンコ対談。岸が、女優絶頂期から、突然のフランスへの旅立ち、国際結婚、そして新たな人生に向けて決断した別れについて深く語り尽くす。

黒木瞳、岸惠子

ニッポン放送『あさナビ』6月14日(月)~18日(金)午前6時43分~49分

ニッポン放送『飯田浩司のOK!Cozy up!』(月曜~金曜午前6時~8時)の中で放送している『ENEOSプレゼンツ あさナビ』(月曜~金曜午前6時43分~)。ナビゲーターの黒木瞳が、エンタメ界、ビジネス界、スポーツ界はもとより、こだわりのお店の方や職人など、ジャンルを問わずその道のプロフェッショナルなゲストを迎え、リスナーの朝の活力になるようなバラエティーに富んだ話を伺う人気の番組となっている。

6月14日(月)から18日(金)のゲストは女優・岸惠子(88)。アクティブで好奇心旺盛、女優の部分は人生のほんの一部と語るように、波乱万丈の人生。今回は『岸惠子自伝 卵を割らなければ、オムレツは食べられない』で語られた本音を訊いた。

「卵を割らなければ、オムレツは食べられない」というのはフランスの諺。何か新しいものをするには、それまでのもの壊さなければ進めない。これまでの人生で3度卵を割ったという岸惠子。その1回目が24歳、すべてを辞めフランスに旅立った時、当時のことを「決めたんだからやろうという覚悟をもって羽田を飛び立ちました」と回想。1950年代に行った決断に「背筋が伸びる感じがします」と語る黒木。

さらに単身でイランに行き、手錠をかけられそうになった体験も紹介。「考える前に行動しちゃうんです。軽率ではありましたね」と当時の様子を反省し2人で笑う場面も。さらにさらに黒木瞳からのまさかのリクエストで岸惠子が心情を綴った著書に書かれた別れの啖呵を自ら朗読し、当時の心のうちを明かした。

このスペシャル対談の模様は6月14日(月)から18日(金)まで5日間にわたり、『ENEOSプレゼンツ あさナビ』で放送。女優と女優がガチンコで語り合った対談は聴き逃せない。

『ENEOSプレゼンツ あさナビ』

<番組概要>
■番組タイトル:『ENEOSプレゼンツ あさナビ』
■放送日時:2021年6月14日(月)~18日(金)午前6時43分~49分『飯田浩司のOK!Cozy up!』内で放送
■ナビゲーター:黒木瞳
■ゲスト:岸惠子
■番組HP:https://www.1242.com/asanav/

 

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top