フェンシング 五輪「金」加納虹輝  “遊び半分”で出たエペの大会で優勝

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(9月7日放送)に東京五輪フェンシング・エペ団体金メダリストの加納虹輝と日本フェンシング協会・会長の武井壮が出演。加納選手がフェンシングを始めたきっかけ、また、フルーレからエペに変更した経緯について語った。

加納虹輝

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。8月30日(月)~9月3日(金)のゲストは東京五輪フェンシング・エペ団体金メダリストの加納虹輝と日本フェンシング協会・会長の武井壮。2日目は、フルーレからエペに転向した経緯について---

黒木)フェンシングというと、西洋の舞台をやるときに劇中で出て来るので、身近なものとして感じてはいたのですが、それがオリンピックでフェンシングというのが、とても新鮮でした。

武井)劇中で決闘みたいなシーンとかありますよね。

黒木)加納さんがフェンシングに興味を持たれたのは、前会長の太田雄貴さんが北京オリンピックで銀メダルを獲得された大会をご覧になり、「かっこいいな」と思ったのがきっかけだったということですが、どうかっこいいと思われたのですか?

加納)まず、剣を使ったスポーツというものを見て、かっこいいなと最初に思って、私も剣を使って相手と戦ってみたいと思いました。

黒木)それで地元のフェンシングのクラブに行かれて始められたのですか?

加納)1年後に、両親に「フェンシングを始めたい」と言ったところ、両親がフェンシングクラブを探してくれて、そこに行ってすぐに始めました。

黒木)剣先で突くというところに魅力を感じられたのでしょうか?

加納)突くというところもそうですし、剣で相手の剣と叩き合う、剣を交えるということに関心を持っていました。

黒木)それで愛知を離れて、高校は山口県にあるフェンシングの強豪校に進学なさったのですよね、中学を卒業されて。思い切りいいですね、フェンシングの道に進もうと15歳で思われたのですね。

加納)中学生のときになかなか試合で勝てなかったので、勝つためにどんな手でも使おうと思って、それで強豪校に進学することを決めました。

黒木)寮だったのですか?

加納)下宿でした。

黒木)下宿ということは、ご自分で自炊?

加納)ご飯だけつくってくれるおばちゃんがいて、それ以外は自分でした。

黒木)もともとフルーレをやっていらしたということなのですが、高校1年生のときに優勝したそうですね。

加納)エペのアンダー17の大会で優勝しました。

黒木)でも、それまではフルーレをやっていらした。

加納)フルーレをやっていたのですが、遊び半分でエペの大会にも出ていたのです。それで、出たエペの大会で優勝したのです。

加納虹輝、武井壮

加納虹輝、武井壮

武井)フルーレとエペの違いって黒木さんご存知ですか?

黒木)エペは早く突く。

武井)ちょっと違いますね。簡単に説明してもらっていいですか?

加納)エペというのは全身が有効面で、とにかく先に突いた方が得点です。

黒木)先に突いた方が得点。

武井)頭から爪先までどこを突いてもいいという競技がエペなのです。

黒木)フルーレはどこからどこまでと決まっているわけですか?

加納)フルーレは上半身ですね。

武井)腕とか足を除いた胴体の部分です。

加納)そうですね。

黒木)同時に突いたら同じ1点ずつ。

加納)エペはそうなのですが、フルーレは攻撃権というものが存在して、相手の剣を叩くか自分が先に動き出すことで、攻撃権を得ることができるのです。その攻撃権を持った状態で相手の胴体を突くと得点になります。

黒木)遊び半分でやられたエペが加納選手にとっては合っていたということですか?

加納)その大会で優勝する前から、「エペの方が向いているのではないか」と自分では薄々気付いていたのです。ただ、フルーレを見てフェンシングを始めたので、フルーレがかっこいいと思っていました。

武井)太田さんを見てね。

加納)そうです。なので、当時はフルーレをやめたくなかったのです。ですが、エペで優勝したことで「やっぱりエペだったか」と、そこで諦めがついてエペに転向しようと思いました。

黒木)百獣の王がここにいたという感じですね。

武井)剣を持たれると、私も自信はないですね。やられる可能性があるなと思っています。

加納虹輝

加納虹輝(かのう・こうき)/ 東京五輪フェンシング・エペ団体金メダリスト

■1997年・愛知県出身。日本航空所属。
■2008年北京五輪のフェンシングをテレビ観戦して興味を覚え、小学6年生からフェンシング(フルーレ)を始める。
■高校時代に、遊び半分で出た「エペ」の大会で優勝し、「フルーレ」から転向。
■エペ選手としては小柄ながら、フットワークと素早い剣さばきを強みとし、2017年のワールドカップで3位。2019年にはワールドカップで優勝。世界選手権で6位など実績残し、東京オリンピックの代表選手に選ばれた。
■2021年に開催された東京オリンピックでは、フェンシング男子エペ団体に出場。(*ほかのメンバーは、山田優選手、宇山賢選手、見延和靖選手)
■東京オリンピックでは、準々決勝で世界ランキング1位のフランスを撃破。 42対44とリードを許し、あと1ポイントで敗戦というピンチに立ちながら、 アンカーである加納選手の粘りで、45対44と逆転勝ちを収めた。
■準決勝は韓国に45対38と勝利。決勝戦ではROS(ロシアオリンピック委員会)に45対36で勝利。加納選手は日本のアンカーとして最後のポイントを獲得した。この競技での金メダル獲得は史上初。歴史的快挙を成し遂げた。

武井壮

武井壮(たけい・そう)/ 日本(にほん)フェンシング協会・会長

■1973年生まれ。東京都葛飾区出身。
■大学3年で十種競技をはじめ、競技転向わずか2年半で日本陸上優勝。日本チャンピンオンとなった(十種競技100mのベスト記録は今も日本最高記録)。
■大学卒業後、陸上を引退し、アメリカにゴルフ留学。
■その後は、陸上・競輪・ゴルフ・プロ野球選手などの個人トレーナーとして活動。
■2005年には、萩本欽一氏が監督を務めた茨城ゴールデンゴールズにも入団。
■数々のスポーツの経験を活かし、「地上最強の百獣の王を目指す」と豪語。
■もちろん現在も日夜トレーニングを続け、世界マスターズ陸上などに出場し好成績を残している。2015年には世界マスターズ陸上の4×100mリレーの日本代表のアンカーとして出場し、金メダルも獲得。
■2021年6月19日、日本フェンシング協会の新会長に就任。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳


Page top