最澄と空海が繰り広げる、歴史に則ってポップに描かれた豪華絢爛な物語『阿・吽』の魅力

By -  公開:  更新:

9月26日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、おかざき真里による漫画作品『阿・吽』のおすすめポイント3つを紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by 小学館』を展開。こちらは、年間500冊以上マンガを読んでいるという吉田が、今誰かにオススメしたい作品を紹介するコーナーとなっており、今回は『阿・吽』をピックアップ。この漫画は、比叡山延暦寺の開祖である最澄と、 弘法大師の名で有名な空海という2人の大天才が、豪快に描かれる人間ドラマとなっている。

今回は吉田が、バーチャルシンガーソングライターの夢追翔 (ゆめおいかける)をゲストに迎え、この漫画のおすすめポイント3つを解説した。

吉田:おすすめポイントその1は「仏教がファンタジーとして表現されている」。魔法とかってあるじゃないですか。『ハリーポッター』とかだと、杖持ったらバーンと魔法が出るでしょ?ああいうのって、すごい魅力的じゃない?この作品は、仏教も昔日本人にとって、そういうものだったんじゃないか?っていう感じになってるの。お経を読んでいたら文字が踊りだして、体中にまとわりついてきたりとか。すごいお坊さんで修行を積みまくると、でっかいお堂で一言唱えただけで、もうその瞬間、ほかの僧が全員「あいつ、やべぇ!」って分かったりするみたいなのが、当時、本当にそう信じられていたんじゃないかと。そういうのを、全部絵で表現してるんですよ。これ、小説じゃできないでしょ?仏教って元々曼荼羅っていうのがあって、絵で表現しようっていう欲があるんですけど、これを14巻かけて、おかざき真里さんという大御所が描いてるんです。この迫力すごいですよ。毎回“大法力バトル”みたいなのが展開するんですよ。“法力バトル”とかいう言い方は安いから(作者は)敢えてしてないんだけど、そうじゃなくて、大マジで信じてる人たちがそうやってバトルを繰り広げている作品なんですよ。

夢追:なるほど!

吉田:おすすめポイントその2は「最澄と空海がめっちゃエロい」。男性2人が本気でぶつかり合ったり、ライバルとしてお互いの因縁を確かめ合うタイプの作品というのは、もう王道の1つなんですけど、最澄と空海の関係って、最澄が大秀才、空海が大天才な感じなんですよ。この2人の関係性が、特に2人に肉体的な接触があるわけじゃないんですけど、2人だけで精神世界でお経を読んで、向こうの世界で2人だけで笑い合ってたりとかするんですよ。そういうシーンが次々出てくるんです。でも多分、本当に2人はそういう関係だったんだよ。2人しか見出だせない精神の高みにいってるところが絵で表現されてるんですよ。

夢追:永遠のパートナーみたいな感じなんだ。

吉田:おすすめポイントその3は「今月完結しました」。この大作品の14巻がこの間発売されたんですけど、これによって完結しまして、最後この2人がどこまでたどり着くかというのが、歴史に則ってちゃんと描かれています。歴史上は文字でしか書いてなかったものを、全部絵にしてくれてるんですよ。豪華絢爛な物語です。

日本史の勉強になるため、受験生にもおすすめであると語った吉田。この作品『阿・吽』は、公式サイトでコミックスの試し読みをすることができる。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!


Page top