田尾安志「ユニホームを脱がすつもりでいるなと感じて」 その反骨エネルギーが生んだシーズン3本のサヨナラホームラン

By -  公開:  更新:

ショウアップナイター エピソード55
<エピソード37~負けられない気持ちが生んだサヨナラホームラン~>

~今年2021年、放送開始から「55周年」のシーズンを迎えたニッポン放送「ショウアップナイター」。これを記念し、中継だけでは届けきれない取材情報や解説陣の“ここだけの話”など、「55」のエピソードを紹介していく連載企画~

---

ショウアップナイター解説者の田尾安志が、自身が阪神時代に巨人戦で放った逆転サヨナラホームランの裏側を語った。

プロ野球、阪神タイガース・田尾安志  撮影日:1988年09月 写真提供:産経新聞社

画像を見る(全2枚) プロ野球、阪神タイガース・田尾安志  撮影日:1988年09月 写真提供:産経新聞社

今年2021年に55周年を迎えるニッポン放送ショウアップナイター。その解説者である田尾安志が、阪神移籍2年目の自身の活躍を振り返った。

「9月4日、阪神・大山悠輔選手が巨人戦で逆転サヨナラホームランを打ちましたよね。次の日、スポーツ紙を読んでいると『巨人戦で逆転サヨナラ本塁打は田尾安志以来33年ぶり4人目』という見出しが躍っていましたが、巨人戦の逆転サヨナラホームランというのは僕が打ってから33年間打ってなかったんですね。僕がその事を知らなかったので新聞を見た時はビックリしました。でも、その記事によって、当時の記憶が甦りました。『あの時こうだったな~』とかね」

ニッポン放送ショウアップナイター解説者 田尾安志氏

ニッポン放送ショウアップナイター解説者 田尾安志氏

---この1988年は、田尾さんにとってはどういう年でしたか?

「オープン戦の時、村山実監督に『活躍をしてほしい』と言われていましたが、その後2軍に落とされ『このままユニホームを脱がすつもりでいるな』、そういうのを感じました。それで、ここで負けたらいけないと思って、とにかくファームでいい結果を残してもう1回1軍に呼んでもらえるように頑張りましたね。

そして迎えた1988年6月28日、甲子園球場での巨人戦、延長10回にサヨナラホームランを打ったんですよ。その時は心の底から『よっしゃー!』と思いましたね。その一本で今までのモヤモヤしたのが全部吹っ飛びましたね。結局その年はそれから物凄く気持ちよく野球がやれて、9月11日の巨人戦でも逆転サヨナラホームランを打てました。そして凄いと思ったのが、その年は4本しかホームランを打たなかったんですが、4本のうち3本がサヨナラホームラン(笑)。すごいでしょ!(※編集部注:シーズン3本のサヨナラホームランは当時の日本記録) でもあの時は、代打とかも結構多かったので狙っていましたね。タイムリーを打とうという意識ではなく、やっぱり大きいのを狙おうというね。そういう気持ちで打席に立ちだして、チャンスに打てるようになりました」

---2軍に行ったのは中日時代以来、2度目でしたが

「1年目、僕は学生の時ピッチャーだったので、守備走塁を勉強したいということで、2軍に落としてもらったんですけど、それ以来落ちたことがなかったんですよ。だから、『どうやって目立ってやろうかな』と、そういうものがエネルギーになりましたね。通算149本塁打のうちサヨナラホームランは4本。そのうちの3本が88年。次の年にも1本打っているので、村山監督の時にしか打っていませんね(笑)」

ショウアップナイター エピソード55

---

連載情報

ショウアップナイター エピソード55

ニッポン放送「ショウアップナイター」55周年を記念し、中継だけでは届けきれない取材情報や解説陣の“ここだけの話”など、「55」のエピソードを紹介していく

2021年、放送開始から『55周年』のシーズンを迎えるニッポン放送の看板プロ野球中継番組「ニッポン放送ショウアップナイター」。記念となる一年に『55!!(GoGo!!)みんなのプロ野球 』をシーズンキャッチとして、55 周年にちなみ55の企画をお届けしていく。
ニッポン放送ショウアップナイターHP:https://baseballking.jp/showup

Page top