SIMフリー版の予約もスタート!使いやすさも画面も音も“ワンランク上”なコンパクトスマホ「Xperia 5 III」の魅力

By -  公開:  更新:

3月27日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、ソニーの高性能スマホ「Xperia」シリーズで今特に注目のXperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」に搭載されている魅力的な機能を紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。現在注目の「Xperia」製品は、「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」「Xperia 5 III」「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」、さらに「Xperia」専用のVRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」も話題となっている。

今回紹介した「Xperia 5 III」は、幅68mmのコンパクトサイズでありながら、「Xperia 1 III」と同じ高性能AFや、16mmの超広角レンズ、24mmの広角レンズ、70mmと105mmの可変式望遠レンズという4つの焦点距離を搭載。さらには21:9のHDR対応有機ELディスプレイを採用しており、これにより便利な使い方ができるという。

吉田:(21:9の横長画面だと)2つのアプリを同時表示して、地図とSNSを両方見ながら迷わず待ち合わせ場所に行ったりできるわけです。

バーチャルシンガーソングライター・夢追翔(ゲスト):お、2窓できるんですね。

吉田:できます。2窓って横長の画面の方が絶対使いやすいですよ。人によっては、ゲームのタイトルにもよりますが、ゲームと攻略サイトを一緒に見たりもできます。そして、「360 Reality Audio」という立体音響技術がありまして、専用の機材が必要だったりいろいろと制限がある中、なんと「Xperia」は(端末)単体でそれができます。「Xperia 5 III」も「Xperia 1 III」もできます。

夢追:え~!(「Xperia 5 III」の)このちっちゃなボディの中に詰まってるんだ。

吉田:そうですね。「Xperia 1 III」は、ある程度以上の大画面がいいなっていう人のために、もちろんトップラインナップとして用意があるんだけど、最高の機能だけどなるべく小さい方がいいという人は「Xperia 5 III」がいいです。

夢追:へぇ~!

使いやすさに加え、画面も音もワンランク上な「Xperia」シリーズの良さをアピールした吉田。また、4月22日に発売となる「Xperia 5 III」のSIMフリーモデルの予約も現在スタートしており、こちらは2つ以上の携帯電話会社の電波を受けられる「デュアルSIM」にも対応している。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、丸メガネを掛けて手から白い粉を流し落としている吉田を、「Xperia 1 III」に搭載されている「Photography Pro」のSモードを使ってスローシャッター撮影したもの。シャッタースピードを1/15秒にセットして撮影するだけで撮影が可能で、脚にセットするか、手持ちの場合はしっかりホールドして撮影することで、手ブレせずに撮ることができる。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top