山下智久主演のTVドラマがスタート!『ウマ娘』声優・前田佳織里も興味津々の話題作『正直不動産』の魅力

By -  公開:  更新:

4月10日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、原案・夏原武、脚本・水野光博、作画・大谷アキラによる漫画『正直不動産』のおすすめポイント3つを紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by 小学館』を展開。こちらは、年間500冊以上マンガを読んでいるという吉田が、今誰かにオススメしたい作品を紹介するコーナーとなっており、今回は『正直不動産』をピックアップ。この漫画は、嘘を厭わぬ口八丁で売り上げNO.1を叩き出す凄腕営業マンだった永瀬財地が、とある地鎮祭で石碑を壊して以来嘘が上手くつけなくなってしまい、さぁどうするか?といったところから物語が始まる。

今回吉田は、ゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』などに出演する声優の前田佳織里をゲストに招いて、この漫画のおすすめポイント3つを解説した。

吉田:おすすめポイントその1は「絶対読んだ方がいい」。どれくらいかというと、勉強になる度が物凄く高いんですよ。考えてみれば、我々人生で普通に生活してると、不動産さんとお仕事するのって、まぁ10回はないでしょ?引っ越すときぐらいじゃない?だけど不動産屋さんって、毎日不動産のこと考えてるわけじゃないですか。ってことは、一生のうちに何千回も不動産営業するわけで、我々とは、圧倒的に知識の差があるわけですよ。そこで、「いや、こういう業界のルールになってるんですよ」って言われたら、「そうですか」と言うしかなくなったりするわけじゃない。……そこに嘘があったらどうします?数百万、数千万みたいな世界で、金額もめちゃめちゃでかいですよ。そこら辺のことが、めちゃめちゃリアルに描かれてるの。これ知らなかったら、こんな部屋住まわされてたかも……とか、めちゃくちゃ高い料金払わされてたかも……みたいなのが、全部分かる!

前田:へぇ~!引っ越しするとき、これ読んでいこうかなぁ(笑)

吉田:本当に読んだ方がいい!おすすめポイントその2は「悪役のバリエーションがすごい」。悪い不動産屋さんが物凄い出てくるんですけど、いろいろなパターンがあって、一番初めに出てくるのは分かりやすいパワハラのおじさんとか、嘘ばかり言うニコニコしながらやっている日焼けしたおじさんとか。でも一方で、すごい真面目に現場監督として建設会社で働いていたけど、そこでは評価されなかったから不動産屋になろうとしているキャリアウーマンの女性とか。いろいろ出てくるんだけど、みんながちょっとずつ悪いことしてたりするんですよ。その悪さがとてもリアルで、漫画読んでなかったら100%騙されるなぁって。でもその悪役がなぜそんなことをしてるのかっていうのも、人によって事情がちょっとずつ違うんですよ。

前田:描き方が丁寧ですね!

吉田:おすすめポイントその3は「主人公が嘘をつけないことを受けて入れていく」。普通はもう辞めちゃうじゃん。嘘をつき続けて不動産をやってきて、できなくなったら辞めるしかなさそうなんだけど、「いや、正直にやってもいいはずだ」みたいな話になって、正直だからこそ信頼してくれるお客さんとかが出始めて、ちょっとずつ復活していくんですよ。で、今14巻ぐらいまできてるんですけど、正直なところを評価してくれたお客さんが新たなお客さんを連れてくるサイクルに入り始めている。本人が、嘘をつけないこと何とかしようとは一度もしないんですよ。正直なままにやったらどうなる?っていうことをやっているという。

前田:めちゃくちゃポジティブ!

吉田が語る『正直不動産』のおすすめポイントを、興味津々といった様子で聞いていた前田。この作品は現在『ビッグコミック』にて連載中で、4月より山下智久主演でTVドラマがスタート。さらにコミックス14巻までが現在発売中で、公式副読本『不動産業者に負けない24の神知識』も発売されたばかり。詳細は、公式サイトでチェックすることができる。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top