4月からTVアニメもスタート!文字+図解による解説で初心者も楽しめる青春サッカー漫画『アオアシ』の魅力

By -  公開:  更新:

4月17日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、小林有吾による漫画『アオアシ』のおすすめポイント3つを紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by 小学館』を展開。こちらは、年間500冊以上マンガを読んでいるという吉田が、今誰かにオススメしたい作品を紹介するコーナーとなっており、今回は『アオアシ』をピックアップ。この作品は、愛媛に暮らす中学三年生の青井葦人が、ユースチーム監督に見出されてプロを目指していく、青春サッカー漫画となっている。

今回吉田は、この漫画のおすすめポイント3つを解説した。

吉田:おすすめポイントその1は「読むサッカー」。まず、“非必殺技系”なんですよ。すごいシュートを撃つ人が現れて……とかじゃなくて、運動神経はいいかもしれないけど、人類の常識の範囲です。すごいキック力のある人が、サッカーをやればいいような気がするじゃない?そうじゃないんだっていうことが、当たり前なんだけど分かるんですよ。サッカー選手って、すごい考えながらサッカーをやってるんですよね。サッカー選手がなぜこういうことを考えて、こういうプレイになったのかっていうのを、文字+図解で全部教えてくれるんですよ。サッカーを1ミリも分からない私が、この言語化と図解によって、だからこんなシステムになってて、このポジションでこの人はすごくて、何のためにフォワードとかディフェンダーが分かれてるのかとか、全部分かる。偶然のゴールがほぼないのよ、この漫画。

ZOC・西井万理那(パートナー):へぇ~!

吉田:おすすめポイントその2は「全選手にドラマがある」。それで散漫になっちゃいけないんですけど、青井葦人君と関わってくる人が、なぜそういう風に関わってくるかっていう理由で、全部彩られてるんですよ。めちゃくちゃ嫌な奴とか出てくるんですよ。阿久津っていうキャラが出てくるんですが、多分みんな初めは超嫌いだと思う。でも、阿久津やばい、すごいいいキャラ。

西井:へぇ~!

吉田:おすすめポイントその3は「27巻で1巻からの伏線が回収される」。今最新巻が27巻なんですよ。1巻からサイドバックをやらされることになった青井葦人君が、なぜサイドバックだったのか、その理由が27巻でやっと全部分かるんですよ!

西井:すごい、鳥肌立つね!

コミック最新巻27巻までの間に、既に5回ほど泣いているという吉田。そんな吉田おすすめの『アオアシ』は、現在『週刊ビッグコミックスピリッツ』にて連載中で、4月18日には全ての文字にふりがなを振った『ジュニア版』の3巻と4巻が同時発売。さらに4月からはTVアニメも放送開始。詳細は、公式サイトでチェックすることができる。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top