夏休みの思い出を最高の1枚に! 最新スマホ「Xperia 1 IV」で撮った富士山にゲストも驚き

By -  公開:  更新:

6月19日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が、6月3日(金)に発売された「Xperia」シリーズの新モデル「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」について、カメラを中心に新機能を紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。「Xperia」シリーズは、「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」、「Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」、「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」、「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」、「Xperia」専用のVRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」など様々な製品が注目されているが、この度それに続く新モデル「Xperia 1 IV」が発売された。

今回吉田は、アイドルグループ・GEMS COMPANYの奈日抽ねね(なにぬ ねね)と小瀬戸らむ(こせど らむ)をゲストに迎えて、その凄さを解説。「Xperia 1 IV」には、新たに85mm~125mmの無段階光学ズームが追加されている。この機能を使用して吉田が撮影した富士山の写真を見た奈日抽と小瀬戸は、思わず驚きの声を上げた。

吉田:今日、私、富士急行ってきまして。一番広角で撮った写真がこれなんですよ。これが、超広角レンズ。

奈日抽&小瀬戸:え、めちゃくちゃきれい!

吉田:これを私が、同じ場所から、一番望遠の125mmにして撮ると、こうなります。

奈日抽&小瀬戸:えーーーーっ!

奈日抽:これ、ケータイのカメラですか?

吉田:はい、私が持ってる「Xperia 1 IV」で撮りました。同じ場所に立って、これだけズームできるんです。

小瀬戸:ズームにしても画質が落ちないんですね!

吉田:そうなんです。これは光学ズームというものなので。あと、4K動画を120fpsっていうスピードで撮ることができて。自分では見えないものがカメラの前を横切ったりしたときにも、映像確認すると「映ってる~!」みたいなこともあります。なおかつ、リアルタイム瞳AFがめちゃめちゃ凄くて、一度画面から出ちゃった子供がもう一度戻ってきても、もう1回瞳AFが作動します。

奈日抽&小瀬戸:すご~い!

吉田:4K120HzのHDR対応有機ELディスプレイでめちゃめちゃきれいに見える上に、夏のこの時期、外に出ることも多いと思いますが、画面の最大輝度も50%ほど向上しているので、屋外で撮影するときも画面がクリアに見えます。行楽シーズンになってきますけど、夏休みに旅行とか出る人で、いい写真残したいけど大きいカメラ持っていくのは……と思っている人、変えるなら「Xperia」じゃないですか?

また、「Xperia 1 IV」はカメラ以外も進化しており、「Music Pro」という新機能も搭載。録音した音源をクラウド上で高音質化させ、ダウンロードすることが可能。レコーディングスタジオで録ったようなプロレベルの録音をスマホから体感できる夢のような機能を知り、2人にはさらに驚いていた。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、大きな水門の前で嬉しそうに腕を上げている吉田を「Xperia 5 III」で撮影したもの。レンズは歪みのない、ツァイス24mmレンズを使っている。ツァイスレンズはよく写る分高級品で交換レンズはプロでも持っている人は少ないというが、「Xperia」シリーズには搭載されている。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top