声優・高塚智人「スナイパーのスコープじゃないですか」最新スマホ「Xperia 1 IV」のカメラに搭載された新機能に衝撃

By -  公開:  更新:

6月26日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。吉田が声優の高塚智人をゲストに迎えて、6月3日(金)に発売された「Xperia」シリーズの新モデル「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」で撮影した驚きの写真を披露した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。「Xperia」シリーズは、「Xperia 1 III(エクスペリア ワン マークスリー)」、「Xperia 5 III(エクスペリア ファイブ マークスリー)」、「Xperia 10 III(エクスペリア テン マークスリー)」、「Xperia PRO-I(エクスペリア プロ-アイ)」、「Xperia」専用のVRゴーグル「Xperia View(エクスペリア ビュー)」など様々な製品が注目されているが、この度それに続く新モデル「Xperia 1 IV」が発売された。

今回の放送では、吉田がゲストの高塚に向けて製品の魅力を解説。6月26日(日)に開催されたイベント『ようこそ妄想営業部へ♥Season4』で高塚とともにイベントに出演した吉田は、その際に使用したインカメラの性能を絶賛していたが、「Xperia 1 IV」はアウトカメラに関しても最高レベルの性能を誇っているという。

吉田:望遠レンズが、ポートレートに最適な85mmに進化しているのですが、85mm〜125mmまでいけるんですよ。ニッポン放送の窓からペニンシュラホテルが見えて、横に日比谷公園が見えるんですよね。こんな感じで見えるんですけど。

吉田:横に日比谷公園ありますよね?それが、ここまで寄れるんです!

高塚:え~~っ!スナイパーのスコープじゃないですか。

吉田:そんなレベル!あとリアルタイム瞳AFは、搭載された3つのレンズ全てで使えますし。4K 120fpsのハイフレームレートと5倍のスローモーション動画撮影ができるとか、いろんな機能がついているんです。

高塚:へぇ~!

吉田:サウンドも進化していて、「Music Pro」という新機能を使うと、(「Xperia 1 IV」で収録した音を、クラウド処理によって高音質化することで)屋外や自宅などの環境でも、レコーディングスタジオで録ったようなプロレベルの録音を体験できるという。超ハイパー機能を持つスマホです。

カメラは専用機と同様の光学ズームに対応しているため、解像感が劣化することなく、綺麗な画質で被写体に寄った写真が撮影可能。4K 120Hz HDRディスプレイは、画面の最大輝度が約50%向上しており、屋外で写真を撮影するときも画面がクリアに見える。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、草むらに寝転び心地良さそうに微笑む吉田を「Xperia 5 III」に搭載されている「Photography Pro」からM (マニュアル)モードを使用し撮影したもの。前ボケ・後ボケに草を配置して構図を整えており、横顔でも瞳AFがきちんと効いている。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top