話が上手くなるための「コツ」を具体的にお教えしましょう 秀島史香

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」(6月25日放送)にラジオDJ・ナレーターの秀島史香が出演。具体的な「話のコツ」について語った。

秀島史香

秀島史香

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。6月20日(月)~6月24日(金)のゲストはラジオDJ・ナレーターの秀島史香。5日目は、話すときの「具体的なコツ」について---

黒木)『なぜか聴きたくなる人の話し方』(朝日新聞出版社刊)という本の話をさせていただきたいのですが、ご本のなかに「新語」を使うといいというのがありましたでしょう。私も使ったのですよ。

秀島)新しい言葉、「新語」ですね。

黒木)私もついに『愛の不時着』デビューしたのです。それがやめられなくなって、朝まで観て、その日たまたま午前中にタップのレッスンを入れていたので、寝ければいけない、でも涙はボロボロ流れて、「タップできるかなあ」というような日があったのです。タップのレッスンには行ったのですけれども。レッスンの先生に、私も新語を使って「先生、きょうはこの練習場に不時着しました」と言いました(笑)。

秀島)本のなかに「自分だけの新語・流行語をつくろう」ということで書かせてもらったのですが。

黒木)このアクリルのこともおっしゃっているのですって?

秀島)スタジオのなかでもすっかりおなじみになった、このアクリル板ですが、名詞を動詞化してみるとつくりやすいので、クリル板を設置することを「アクリる」と。「ただのだじゃれですみません」という感じなのですが。これを言ってみたらスタッフにややウケしたので、果敢にもいつも使っています。

黒木)ではニッポン放送でもアクリってもらって。

秀島)ありがとうございます。万全な対策でお届け中でございます。

秀島史香『なぜか聴きたくなる人の話し方』(朝日新聞出版)

秀島)もう1つ、例え話の上手くなる方法というので、「固有名詞を積極的に使ってみるというのはどうでしょう」ということを書きました。例えば「あさナビ」のスタッフの皆さんの雰囲気、今朝入ってきたときに、「とてもほのぼのと平和な」という雰囲気を表現するときに、固有名詞でみんなが知っているある人気のあのゲームどうだろうということで、「『あつまれ どうぶつの森』みたいな雰囲気だよね」という言い方もあります。

黒木)固有名詞を使う。

秀島)熱い上司を例えるのに「半沢直樹みたいだね」と言ってみる。先日、美術館に行ってきたのですけれども、ミュージアムトークに参加したときに、学芸員さんが存在感のある、美しい、ミステリアスな感じの方だったのですよね。「黒木瞳さんみたいな学芸員さんがミュージアムトークしてくれたよ」みたいな。そうすると、聞き手と私の間に共通のイメージが浮かぶではないですか。

黒木)私ってそんなクールな感じですか?

秀島)奥行きがあり、「好きなものは、これ」というような、芯が1つ通っていそうです。

黒木)そうですか。

秀島)例える場合、相手の世代、年代、ご職業などを考えて、相手がわかりやすいものを選ぶようにしてください。「これはゲッツーだ」というように、何でも野球に例える方がいらっしゃいますが、野球がわからない方からすれば「ゲッツですか? お笑いですか」ということになりかねないので、気を付けてください。

黒木)お話が苦手な方や、これから社会人になられる方、それから大人の方でも苦手な方がいらっしゃるので、そういう方々のヒントになりますよね。

秀島)私自身、新人時代に悩んで迷って、いまもそうなのですが、先輩方にアドバイスを聞いてみると、割と「感じたまま喋ればいいんだよ」「思ったまま喋ればいいんだよ」と言っていただくのです。でもそれは諸先輩方の腕がすごすぎるからのことではないですか。「私はゼロからできないです」というときに、「具体的にどうしているのか」ということを言葉にしたかったのです。言語化、小さな会話における工夫、句読点の「。」を多めに打つように、1文1文短く言うと相手に伝わりやすい、という話もあります。

秀島史香

秀島史香

秀島史香(ひでしま・ふみか)/ラジオDJ・ナレーター

■神奈川県茅ケ崎市出身。高校卒業までをアメリカ合衆国で過ごす。
■慶應ニューヨーク学院卒。慶應義塾大学法学部政治学科卒。
■大学在学時にラジオDJデビュー。語学力を生かし、外国人アーティストとの共演や同時通訳も行う。テレビ、映画、ウェブサイトなどでのナレーションの実績も多く、アニメの声優も担当。これまでに訪れた国は40か国以上。
■ベルギー在住を経て2017年春に帰国。
■現在は、Fm yokohama『SHONAN by the Sea』、JFN系列全国ネット『Pleaseテルミー!マニアックさん。いらっしゃ~い!』、TVナレーションでは、Eテレ「趣味どきっ!」、「デザイントークス+」、「あしたも晴れ!人生レシピ」、テレビ東京「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」、「昼めし旅」など、数多くの番組を担当。
■著書に『いい空気を一瞬でつくる 誰とでも会話がはずむ42の法則』など。
2022年5月20日に『なぜか聴きたくなる人の話し方』を刊行。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top