相次ぐ閣僚辞任で足元揺れる岸田内閣 気になる「茂木幹事長の動き」

By -  公開:  更新:

ジャーナリストの須田慎一郎が11月21日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。防衛力の増強にうしろ向きな岸田政権について解説した。

講演する自民党の茂木敏充幹事長=2022年10月24日午後3時53分、東京都港区 写真提供:産経新聞社

「防衛力の充実」にうしろ向きな岸田政権

飯田)韓国では核保有議論がもともとあるということですが、日本では対照的にタブー視されていたようなところがあります。

須田)日本も「核を保有しなくてはならない」ということではないのです。それが「必要なのか必要ではないのか」をきちんと議論する環境が必要なのではないかと思います。

飯田)そこで岸田政権です。岸田さんは広島選出の議員で、むしろ「核の廃絶」にご興味がある方ですが、そうなると議論することは難しいですか?

須田)核兵器保有以前の問題だと思います。中国、ロシア、北朝鮮という核を持つ3ヵ国に囲まれている日本では、防衛力の充実がどうしても必要ではないですか。

飯田)そうですね。

須田)ようやく対GDP比2%基準のクリアに向けた話が、2023年度から始まるわけです。その予算審議が年明け早々から始まるのだけれども、最初から増やすつもりがない。一方では「増やしていいけれども、増税で」という、うしろ向きな姿勢なのです。

日本が置かれている安全保障環境のなかで「何が必要か」が一切欠如している岸田政権 ~「防衛力を強化しなければならない」という議論にブレーキを掛ける財務省

須田)防衛力の増強に対して、岸田さんは財務省のいいようにやられているなという感じです。リーダーシップがまったく発揮されていないのではないでしょうか。全体の国家戦略があって、いまの日本が置かれている安全保障環境を考え、「何が必要なのか」が一切欠如しています。「お金が出せるのか、出せないのか」というところだけに焦点がいっている感じがします。

飯田)有識者会議の議事録が出てきましたが、それを見ると「まず増税ありき」というような感じです。日経新聞が少し前に骨子案のようなものをスクープしましたけれども、法人税などを増税して、その法人税を財源にするのだという話が出てきています。

須田)政府の有識者会議ではあるけれども、全面的に財務省の仕切りですからね。言ってみれば財務省の機関紙である日経新聞がそれを伝えているわけですから、意図するところは明らかです。

飯田)いままで安全保障の話だと、読売新聞や産経新聞が一面トップでスクープとして出すことが多かったのですが、日経新聞が出してきたということは、やはりそういうところですか?

須田)財源論です。財源論を出すことによって、抑制したいのか、健全財政を求めたいのかというところです。いま我々が言っているように、これだけ「安全保障環境が悪化しているのだから、防衛力を増強しなくてはいけない」という主張が出てくると、それに対してブレーキを掛けてくるのです。「国の安全を守るためにと言えば、何でも許されるわけではない」という。

岸田政権にとって「黄金の3年間」のはずだったが

飯田)“ガツガツ赤ヘルちゃん”さんから、ツイッターで「岸田さんにとっては黄金の3年間だったはずなのに、誤算続きですね」というご意見をいただきました。黄金の3年間で「リーダーシップを発揮できる」というようなことが言われていましたけれども。

須田)有能な人にとっては黄金の3年間になりますが、無能な人にとってみると……ということでしょうね。

飯田)しかし、周りの国々からすれば、日本が足踏みすることでほくそ笑む国はたくさんありますよね。

須田)そうですね。特に防衛費の問題などを考えると、喜んでいる国は多いのではないかと思います。

辞任が相次ぎ、足元揺れる岸田内閣

飯田)いまこの状態になってきて、官邸のガバナンスが効かないという話もありますが。

須田)岸田首相のリーダーシップを含めて、中長期的な視野に立った国家戦略がどのように岸田首相の頭のなかに描かれているのか。あるいは、例えば葉梨大臣が辞めてしまい、寺田大臣は更迭されるなど、足元がグラグラしていてそれどころではない。これこそが日本の危機ではないかと思います。

飯田)そこへ来て、「俺が支えるぞ」というような人が出てくるわけでもない。

「次」を狙う茂木幹事長の動き

須田)茂木幹事長が出てきたというのは、「いよいよ俺の出番か」というような意図です。つまり政局になっても解散総選挙に踏み切らない、内閣総辞職で「次は誰なのか」となれば当然、「自民党ナンバー2の俺ではないか」という。

飯田)幹事長ではないかと。

須田)ここで恩を売っておこうではないか、リーダーシップを発揮しておこうではないか、前面に出ていこうではないかというような思惑なのではないでしょうか。

飯田)本来であれば、その役目は政調会長なのでしょうが、いまの政調会長は萩生田さんです。旧統一教会云々で身動きが取れないため、「では俺の出番か」ということになってくる。

須田)あるいは「萩生田さんに手柄を立てさせるわけにはいかない」という思いもあるのかも知れません。

飯田)党内でそんなことをやっていて大丈夫なのですか?

須田)内側から厳しい状況になっていますよね。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top