藤井フミヤが驚愕!現役の動物飼育員が語る、知られざる動物の生態

By -  公開:  更新:

25日(水)、『藤井フミヤのオールナイトニッポンPremium』が放送され、藤井が山梨県のパーソナリティに“味噌”の奥深さを教えられ、栃木県のパーソナリティからは“動物”の知られざる生態を学んだ。

冒頭、弟・尚之と組む兄弟ユニット「F-BLOOD」として、全国ツアー「F-BLOOD 20th Anniversary POP‘N’ ROLL tour 2017」を開催中の藤井は、「今日、金沢から帰ってまいりまして。新潟、富山、石川と行ってまいりましたが…」と近況報告。「北陸シリーズといえば、日本海側ということで“海の幸”。三食立て続けに、まず、日本食を食べまして」と振り返り、「一番楽しみにしていた石川県金沢ではなんと!日本食に飽きて何故かスリランカカレーに行ったという…」と明かし、「金沢で食べなくていいじゃん!」と自らにダメ出しをした。

続いて、日本全国の名物ラジオパーソナリティを紹介し、その人物と直接話すコーナーへ。前半は山梨放送の番組、「発酵兄妹のCOZY TALK(毎週土曜日16:30~16:45)」のパーソナリティである『発酵兄妹』を紹介。「発酵を切り口に、味噌やお酒などの発酵食文化や日常に役立つ発酵のマメ知識を紹介する」という番組内容を聞いた藤井は「世の中には、本当に色んな番組がある」と感心した。

尚、『発酵兄妹』とは山梨県甲府市に店を構える老舗「五味醤油」六代目の兄・五味仁さんと妹・五味洋子さんのユニット名で、今回は妹の洋子さんと直接電話することに。藤井が「最近、発酵モノ流行りですよね?」と質問すると、「そうですね、甘酒が流行ってたりとか」と洋子さんは返答。それに対して藤井は、「私も発酵モノをなるべく食べるように心がけていますよ」と語った。

そんな中、藤井はスタジオに届けられた五味醤油生産の山梨独自の味噌「甲州みそ」を味わうことに。洋子さんから、「味噌って普通、大豆と麹と塩で出来るんですけど、この味噌は米麹と麦麹の二種類の麹が入っている珍しいお味噌なんですよ」と解説を受けながら、甲州みそをキュウリにつけて実食。「甘味のあまりない感じですね」と表現し、「この味噌は私、頂いて帰ります」とその味を高く評価した。

続いて、「赤味噌はなんであんな赤いんですか?」と質問する藤井。洋子さんは「発酵期間がどんどん長くなってくると色が濃くなってくるんです」と返答。「逆に白味噌は?」との質問に「白味噌は発酵が短くて」と洋子さんは答え、さらに、「西京味噌なんかは、すごい白いんですけど、10日ぐらいしか発酵してないんです」と解説。それを聞いた藤井は「え!?10日ぐらいで店に出しちゃうの?」と驚いた。

後半は栃木放送の「宇都宮動物園ちんたらぞうさんぽ(毎週土曜日11:10~11:30)」のパーソナリティ“宇都宮動物園でワンワンショーの担当”「蔵座(ぞうざ)美由紀」さんが登場。動物に関するマメ知識や面白い生態、宇都宮動物園で起きた出来事などを紹介するというこの番組。藤井は「もう名前に“ゾウ”が入っちゃってますもんね」とツッコミを入れつつ、前半と同様にパーソナリティ本人と直接電話へ。「宇都宮動物園の一番人気はキリン」などと紹介されつつ、蔵座さんから動物クイズが出題されることに。

蔵座:それでは、宇都宮動物園のメインのキリンから問題です。キリンの鳴き声は、次の内のどれでしょうか?5択でいきます。「1番:ワン」、「2番:モー」、「3番:ブー」、「4番:ニャ
ー」、「5番:鳴かない」

藤井:なんか俺、鳴いてるのを聞いたことがない。なんらかの形で雄たけびをあげるとすれば…「2番:モー」!?

蔵座:大正解です!

藤井:おお~!!!

蔵座:すごいです!

藤井:合った~!宇都宮動物園のチケットを1枚ぐらいもらいたいんですけど(笑)。じゃあ、次!第2問!

蔵座:第2問、人間の歯は32本ですが、象の歯は何本でしょうか?「1番:4本」、「2番:8本」、「3番:12本」、「4番:16本」、「5番:20本」

藤井:これ、5択の必要性があるのか?っていうのがまずね…

蔵座:あははは(笑)

藤井:でも、あんまり無いような気がするんだよな~…草食だし。大き目のがポッと生えてるぐらいだとすると、12か8だと思うんですけど、思い切って「2番:8本」!

蔵座:「2番:8本」!?正解は…「1番:4本」です!

藤井:ええ~!?4本しかないの?

蔵座:そうなんです。上下左右1本ずつの計4本しかありません

藤井:噛んでねえじゃん!

蔵座:すごく、一つの歯が靴底のような感じでギザギザしてて大きいので

正解を聞いた藤井は「人間も4本だったら便利なのかな?」と発言するも、蔵座さんから「人間だったら無理じゃないかと…(笑)」と返され、「顔の形が変わっちゃうもんね」と納得。「リスナーの皆さん、これは大変勉強になりましたね」と締めくくった。

Page top