都営バス大好き芸人、バス会社の素早い神対応に感動!

By -  公開:  更新:

お笑い芸人で、東京都で運行される都営バス好きの芸人・ランパンプスの小林良行が、27日(月)深夜放送のラジオ番組『ランパンプスのオールナイトニッポン0(ZERO)』で、バス会社が車内アクシデントの際にとった迅速な対応に感動したことを語った。

東京、銀座、新宿、渋谷、六本木など都心の主要エリアから下町地域など、東京都の広範囲をきめ細やかに網羅している都営バス。小林は年間に100回ほどバスを利用し、渋滞がなく、目的地へ早く到着することができる電車が使える範囲でも、あえてバスを利用することもあるという、都営バス大好き芸人。ある日、いつものようにバスを利用していると“バスの窓ガラスが割れる”というトラブルに遭遇したことを、相方のランパンプス・寺内ゆうきに明かした。

小林:この前、僕はバス会社の神対応を見た。バスが急停車した時に、立っていた乗客の男性が転んでしまって、入り口の窓ガラスに頭をぶつけてしまい

寺内:そんなに転んだの!?

小林:うん。それで、ガラスが割れちゃったんだ

寺内:ええー!?

小林:僕も周りも心配したんだけれど、男の人は『ぜんぜん大丈夫です』って。運転手さんも心配して路肩にバスを止めて『このまま運転は出来ないですね』『皆さん、一度バスから降りてください』って言って

寺内:安全上そうだろうね

小林:男の人はすごく申し訳なさそうな顔をしていたんだけれど、『すぐに代行のバスが来ますので』って運転手さんが言って

寺内:代行?次の便じゃなくて?

小林:そう。代行のバスがすぐに来て!それが、めちゃくちゃ早くて!なんだこの神対応は、と驚いた。この対応の早さ、気づかい、皆さんも都営バスを味わってほしい

ガラスが割れてしまったバスの代行は、想像以上の早さで到着し、この迅速な対応に驚いたという小林。

番組では、都営バスの車内で無料Wi-Fiサービスが利用できるというマメ知識から、小林イチ押しの座席、バスに乗っていてテンションが上がる瞬間など、時間の許す限り“都営バス愛”が語られた。

Page top