犬税、散歩しないと罰金!? 多様な世界のイヌ事情

By -  公開:  更新:

かつて教科書で習った「生類憐みの令」。これは江戸時代、第5代将軍徳川綱吉が制定した生きものの殺生を禁じたお触れ。指定された生きものがイヌネコに限らず貝類や虫にまで及び「天下の悪法」と呼ばれました。

虫までには及びませんが、現代でもイヌをはじめとする動物に関するルールは存在し、国によってさまざまです。そこで今回は戌年ということもあり、世界に目を向けて多彩なイヌ事情をお知らせします。


犬税、散歩しないと罰金!? 多様な世界のイヌ事情

まず、世界で一番イヌと暮らしている国はどこでしょう? ヒントはボヘミアガラスで有名な…そうです、ヨーロッパの真ん中にあるチェコ共和国。1,000人あたり299.6匹の割合でイヌが人と暮らしています。

そしてイヌ好きで有名な国はドイツ。動物愛護の精神に満ちた条例によってイヌがイヌとして生きていくことを守られています。例えばペットショップ店頭での生体販売は禁止、イヌが暮らすスペースや環境にも細かい規定があり、なんと留守番についてもルールがあります。イヌと歩けるように街中が整備され、イヌはすべての交通機関を利用することができます。

またドイツをはじめ、イタリア、スイス、オランダなどでは犬税があります。日本も昭和50年代までは同じく犬税がありました。日本では廃止当時、年間1頭あたり300円、現在のドイツでは1頭あたり10,000円から20,000円だそうです。

イタリアのトリノでは、イヌの散歩を1日3回以上しないと罰金になります。散歩は徒歩でなど細かく条例で決められており、また、ペットを捨てることは1年以下の懲役と高額の罰金が課せられます。こうした取り組みには、かつて相当な数のイヌやネコが捨てられ社会問題になったという背景があります。

EU圏を出入りする際、かつてはペット用パスポートが必要でしたが、現在ではイヌ・ネコ・フェレットはマイクロチップを義務化されています。またイヌのマイクロチップ義務化はEU圏の移動のためだけでなく、ドイツやイギリスではすべてのイヌに行われています。日本でもマイクロチップは迷子犬の対策として少しずつ認知されています。

こうしてみるとヨーロッパは権利や環境などへの意識が高く感じますね。人間だけではなく、イヌをはじめとする動物も幸せになれる社会がいつか来ることを願うばかりです。

 

指定犬種 入場無料 成田ゆめ牧場

指定犬種は入場無料サービス(成田ゆめ牧場HPより)

今年は戌年! 今月の成田ゆめ牧場は「ワンだふる月間」なんです!

1月14日までは「牛柄犬週間」として、体の色が白・黒・もしくは白黒のワンちゃんは入場料無料となります。「101匹ワンちゃん」に登場するダルメシアンが101頭来ても全員無料ですね♪

この入場無料サービス「ワンだふる月間」は牛柄犬の他に、お洋服をまとった「おめかし犬」週間や柴犬や秋田犬などの日本犬週間などもありますので愛犬の特徴と該当する週にご来場くださいね。

また、1月21日(日)には30m短距離走「鉄わんダッシュ」も開催。俊足ワンちゃんも大募集中です!

そして、冬季夜間営業「光の体験牧場」は、いよいよこの三連休で終了! 冬の夜にだけ運行する「光のトロッコ列車」に、のんびり揺られる最後の機会、終電に間に合うようご乗車くださいね。まきば線ホームで待ってます!

詳しい情報は、成田ゆめ牧場ホームページをご覧ください。

成田ゆめ牧場

〒289-0111 千葉県成田市名木730
営業時間:9:00~17:00
※入場最終受付:16時
※GWや冬期(12月~2月)等、季節により変動がございます。年中無休・年末年始も休まず営業いたします。
http://www.yumebokujo.com/

【ハロー千葉】


Page top