韓国と中国~オリンピック開催の政治的な狙いとは?

By -  公開:  更新:

2/20(火)FM93AM1242ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ!②

平昌五輪で存在感を示した韓国
7:02~ひでたけのニュースガツンと言わせて!:コメンテーター富坂聰(ジャーナリスト・拓殖大学教授)

李相花 小平奈緒 韓国 日本 抱擁 平昌 五輪 オリンピック スピードスケート 女子 500m

【平昌五輪2018スピードスケート女子500m】2位で涙する韓国の李相花(イ・サンファ)に声を掛ける金メダルの小平奈緒=2018年2月18日江陵オーバル 写真提供:産経新聞社

平昌五輪によって北を引き付け、韓国の存在感を示した文在寅大統領

スピードスケート女子500mでは金メダルの小平奈緒選手と銀メダルのイ・サンファ選手の「日韓選手の抱擁」がクローズアップされた。北朝鮮の微笑み外交が話題となった平昌五輪も間もなく閉会式を迎える。次回開催の北京五輪を含め、韓国と中国における五輪の政治的背景について富坂聰が解説する。

小平奈緒選手)李相花選手も韓国開催のオリンピックということで、すごく大きな重圧があったと思うんですけれども、それでも銀メダルよくやったねっていうことを話しました。そして私はまだサンファ選手をリスペクトしてるよっていうことを伝えました。

高嶋)金メダルの小平奈緒選手が李相花選手について、語っております。この2人が抱き合う写真が韓国でも大々的に出ました。日韓の両選手が称え合う、非常に美しいオリンピックらしい光景を展開しました。
オリンピックの閉会式はまもなくですが、そこにまた北朝鮮が再び代表団を派遣する。あの例の金与正さんも特使としてくるかもしれないと、そんな観測が流れていますが。

富坂)そうですね。イヴァンカさんと2ショットなんか出たらかなり話題になるということで、一部で騒いでますね。

高嶋)北と南の関係でいうと富坂さんの判断というのは、文在寅が良い立場というか位置を引き寄せたと解説されてますね。

富坂)というよりこの朝鮮半島の問題は、日本では評判悪いですよね、文在寅外交というのは。でも私は上手いことやったなと見ています。というのは、朝鮮半島の問題はこのままいくと北朝鮮とアメリカが決めるという方向になっていました。間をひょっとしたら中国が仲介するのではないかと。それだと韓国の存在が形骸化してしまう。

高嶋)韓国自体の存在感が無いと。

富坂)はい、もう韓国抜きです。そこに平和攻勢みたいな形で1つの案として文在寅がこういうふうに接近した。それからはずっと主導権は彼らが持っています。それは外交的には勝利だと思います。中国の視点から見ると、南北会談やったあとそれが米朝会談に通じていく。これは中国がやりたかったことですよ。完全にお株取られているわけです。

高嶋)オリンピックというチャンスを文在寅さんは非常に上手く生かしたと。米朝間で決められてしまったら、存在感がなくなる。そこを発言力を残し、そして北に対して物言うときはその韓国の文さんの立場が得難いものになったと。

富坂)そう思いますね。

北京五輪は中国経済の「ホップ・ステップ・ジャンプのホップ」とするのが狙い

高嶋)話が変わりますが、冬のオリンピックに対して中国の意気込みがあまり聞こえて来ないですね。

富坂)(笑)。そうですね。

高嶋)まだ金メダル1個も無い。でも次の冬のオリンピックは北京でやる。河北省の方で実際はやるんでしょ?

富坂)そう、北京オリンピックと言いながら実態は河北省オリンピックだなと私は見ています。中国には思惑があって、北京・天津・河北省を一体的に盛り上げたいと思っているのです。ここに大きな経済圏を作りたいと思っていて。これはあの上海を中心とした長江デルタ。深圳・香港・広州を中心とした珠江デルタっていう、東と南に2つのデルタがあるけれど、北が無い。そこに調子の良い大きな都市である北京と天津に重たい貧しい河北省を持ち上げさせようとしているわけです。そのホップ・ステップ・ジャンプのホップとしてこのオリンピック使おうと思っている。競技よりもそちらの方に力入っているのではないでしょうか。

高嶋)面白いですね。北京・天津・河北省。

富坂)これを1つの大きな経済環にする。「外に一帯一路、中に北京・天津・河北省」をやろうとしているわけです。そのホップ・ステップ・ジャンプとして、ステップの方は雄安新区っていうものをまた開発しようとしています。

五輪は政治的意図を持った祭の側面もある

高嶋)まあそう言われますと、今回の文在寅大統領もそうですが、オリンピックというものが完全に政治的意図を持った。そういう仕掛けを持ったお祭りになる。これはもう隠しようがないということですね。

富坂)そうですね。だから中国の場合、夏の北京オリンピックというのは完全に1つの復興ですよね。遂げた、いわゆる中間民族復興ってよく言いますが、そういうものの1つの折り返し地点に来たと位置付けをしたわけです。

高嶋)あのときはそうであったと。で、今度はホップ・ステップ・ジャンプのホップに当たると。

富坂)当たると思いますね。

高嶋)それで次のオリンピックを成功させて、今度はあの辺の経済発展を一気にやろうということですね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Page top