北朝鮮に拘束のアメリカの三人が近く解放へ

By -  公開:  更新:

5/4FM93AM1242ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』今日の聴きどころ!3

北朝鮮に拘束のアメリカの三人が近く解放へ トランプ大統領の側近が見通し示す
7:10~教えて!ニュースキーワード:コメンテーター宮家邦彦(外交評論家)

北朝鮮に拘束のアメリカの三人が近く解放へ トランプ大統領の側近が見通し示す

ジュリアーニ元ニューヨーク市長は3日、アメリカのFOX NEWSの番組に出演し、「今日、囚われの3人が解放される」と述べ、北朝鮮で拘束されたままの3人のアメリカ人が解放されるとの見通しを示している。この発言についてホワイトハウスの報道官は発表することはないという風に述べています。

飯田)こんな話も出てくるんですね

宮家)ジュリアーニさんというと大統領候補にも噂されたひとで、共和党の重鎮のひとりなんですが、ちょっと軽はずみな発言ですよね。3人が解放されるのは、恐らくそうかもしれませんが、もっと時間がかかるのかもしれません。ホワイトハウスが否定はしないけど肯定もしないというのは、まだ最後まで話が詰まっていないということだと思います。

それと今朝のCNNを見ていて分かったことなんですけど、ジュリアーニさんというのは、側近というよりも弁護士です。トランプさんがロシアゲートの問題で特別検察官に捜査されているわけです。それがドンドンドンドン包囲網が縮まってきているんです。下手すると大統領弾劾にもなりかねないという状況です。

今までの弁護団は「特別検察官と折り合いましょうよ」と勧めていたのをトランプさんが蹴って、弁護団を入れ替えました。その中に入ってきたのがジュリアーニさんなんです。この弁護団はどちらかというと大統領の弾劾について詳しい人で固めています。ということはこれから特別検察官とガチンコでやるぞという狼煙なんです。

彼はFOX NEWSに出てきて何と言ったかというと、この3人の話の前に、例のポルノ女優の口止め料の話がありましたが、トランプさん自身は知らないと言っているのに、ジュリアーニさんは「あれね、13万ドルでしたっけ?初めは弁護士が払ったんだけど、その後でトランプさんが穴埋めしている」って言ってしまっているんです。「ちょっと待ってよと、そういうことはなかったと言ってるんでしょ?」と突っ込まれても、「払った」って。「あれはね、大統領選挙の選挙資金を使ったんじゃないんだよ。これで明らかだろ」って。語るに落ちたって話でね、「じゃぁやってたんじゃないか」という話なんです。

でもこれは大統領を守るために必死でやってる、そういう状況で北朝鮮で拘束中の3人の話が出てきたんです。だから今回のことは勇み足なんです。外交にせよ内政にせよ、こういった形で先走った動きが出てくるのは、決して健全な方向ではないと思っています。

飯田)トランプさんの不倫疑惑みたいなものですよね。今日のプレスブリーフィングでも北朝鮮に拘束中の3人の話が少しでましたけど、金を払ったじゃないかって大紛糾したようですね。

宮家)アメリカのメディアからすると、外交よりも口止料を払ったんじゃないか、それを知ってたんじゃないかという流れから、このひとは信用できないと突いてくる。今後、こういうやり取りがほとんどになるのは仕方がないと思います。

飯田)これは11月に選挙を控えているからということもあるんでしょうか?

宮家)今年は中間選挙もあります。彼は2020年まで頑張るつもりですから。

飯田)2期目の大統領も目指すと

宮家)これだけ包囲網が狭まってくると、何をするか分からない。ジュリアーニさんはまともな人ですよ。この人がこんな勇み足をするようなことがあるということは、政権の内部がまだ完全に固まってはいない。政権のひとがゴロゴロ変わってはいるんだけど、またゴタゴタする可能性が出てきたんじゃないかなと、ちょっと嫌な感じがしています。

飯田)外交のスタッフを全部入れ替えています。二期目を目指してということになると、トランプ政権が何かセンセーショナルなことをやろうとする可能性は?

宮家)十分有りうると思います。一番の問題は、トランプさんは慣れたと思っていることです。大統領として自分はすごいんだと。自分で全部できるんだと。去年、政権発足の時には自薦他薦で人を選ばなきゃいけないわけです。自分が必ずしも思っていない人でも国務長官になったりしました。だけどこれからは全部俺の好みでやるんだと決めたのが、今回です。だから大統領補佐官にマクマスターをクビにしてジョン・ボルトンさんが入り、国務長官にティラーソンをクビにしてマイク・ペンペオさんが入って、トランプ路線を支持してきた強硬派でやっているわけです。でも、今は首席補佐官まで関係が悪いという話になっている・

飯田)ジョン・F・ケリーさん

宮家)首席補佐官はいなくてもいいんだって冗談を言っているひともいるくらい。そんなはずはありません。ですからそういう意味でも、トランプ政権は新たに危うい時期に入ってきていると思われますよ。

飯田)北に変な譲歩をしなきゃいいんですけど

宮家)それに関してはボルトンさんもいるし、ポンペオさんもいるから、そんなに簡単にはいかないと思います。

 

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top