期待できるトランプ大統領の拉致問題解決への姿勢

By -  公開:  更新:

5/1  FM93AM1242ニッポン放送『飯田浩司のOK! Cozy up!』今日の聴きどころ!②

米朝首脳会談を前に拉致被害者家族会らが訪米
7:10~お早う!ニュースネットワーク その1:コメンテーター有本香(ジャーナリスト)

横田 拓也 事務局長 拉致 被害者 帰国 緊急 集会

【チャンス到来、金正恩に拉致被害者帰国を迫れ!緊急集会】基調報告を行う家族会の横田拓也事務局長=2018年3月29日午後、東京都文京区 写真提供:産経新聞社

拉致被害者家族会や議連の議員たちがアメリカのワシントンへ向け出発

米朝首脳会談を前に、北朝鮮による日本人拉致被害者の早期帰国に向けてアメリカに対して協力を求めようと、拉致被害者家族会や支援組織「救う会」、超党派議連による「訪米団」が昨日、成田空港からアメリカに出発した。議連によると、アメリカ政府や国連の関係者に面会する予定。

飯田)家族会の横田めぐみさんの弟、事務局長の拓也さんらが参加、出発のときに記者からの質問にも答えていらっしゃいました。解決するというムードが出ているのか、どうでしょうか?

有本)これは私の取材しているなかでの感触ですが、比較的近い時期に北朝鮮側から回答があると見ています。「返す」というようなことを言ってくると思いますが、そこで条件を出してくるはずです。全員をすんなりと返す、ということにはならないでしょう。ここで日本側が、どれだけ突き付けていくかということが重要になるのですが、今回ゴールデンウィークに拉致被害者の家族の方々が議連の議員とアメリカに行くというのは、これは例年ずっと行ってきたことです。横田さんの御両親はご高齢だということで行けなくなってしまったと、このあたりは聞いていて非常に胸の詰まるところです。今度は弟さんが代わって活動されていますから。ただ今年に関しては、例年以上にいろいろな意味でワシントンに行くというところで力が入っています。
実は、私も同行して取材をさせて頂くつもりでいました。ところが議連の議員の方から、ミーティングの場面には入れないということを言われました。出てきてからの囲み取材だと他のメディアの記者さんと変わらなくなってしまうので、行くということをその時点で取り止めたのですけれども。とは言えこのワシントンの周辺では、日本人拉致問題に関しての認知度が相当に上がっています。これは毎年のように働きかけてきたというのが1つ。それともう1つは、アメリカ人も今3人程北朝鮮国内に拘束されていますよね。このなかで拉致が明確だというのが中国国内から拉致されたデービッド・スネドンさんという人ですね。この人のケースに関して日本の議員が、具体的には自民党の古屋圭司さんたちですけれども、このことだけで1年のうちに5回くらいワシントンに行って、向こうの有力議員のマルコ・ルビオ議員を含む有力議員たちに、日米で連携して拉致問題を北に迫ろうよということを働きかけたのですよ。それで議会でこの拉致問題を取り上げるに至ったという経緯もあって、ワシントンではこれに関して認識が高まっていると。そして米朝首脳会談というタイミングでもあるので、今年のワシントン行きというのは、より重要で力が入っているという局面ではあります。

トランプ 大統領 安倍 晋三 北朝鮮 拉致 被害者 家族 面会

トランプ米大統領初来日 北朝鮮による拉致被害者家族らと面会後、感想を語るトランプ米大統領(前列右から3人目)。同4人目は安倍晋三首相=2017年11月6日、東京・元赤坂の迎賓館「羽衣の間」 写真提供:産経新聞社

期待できるトランプ大統領の拉致被害者への接し方

飯田)大統領自身も何度も言及しているというところですね。

有本)これはトランプ大統領に感謝した方が良いと思いますが、来日の際、奥様と一緒に拉致被害者の家族の方々と、膝を交えるようにしてお話をしてくださったでしょう。これはいままでにはないことで、前任のオバマ大統領も拉致被害者の家族の方々に会われているのですが、立ったままの非常に短い面会でした。これはいまだから言えるのですけれども、アメリカ側がそのスタイルにこだわったのだと。椅子を置かないでくれと。ですからここら辺は巷で見えているイメージとは少し違うのですけれど、ことこの問題に関して言うならば、トランプ大統領の方がずっと人間味があるように私には見えます。この問題に何度も言及しているし、北に対しても迫ると。そこには大いに期待をしたいですよね。

金正恩 文在寅 軍事境界線

2018年4月27日、北朝鮮指導者として初めて軍事境界線を超えて韓国に入った金正恩(左)と韓国大統領文在寅(右)(金正恩 - Wikipediaより)

南北首脳会談は「金正恩氏と文在寅氏の会談」というショーを演じたにすぎない

飯田)そして、米朝首脳会談の前に南北首脳会談が先日ありました。あれに関して、有本さんはどう思いましたか?

有本)あの会談というのは「ショー」ですからね。ドラマのお国柄ですから。ああいうドラマを上手くやるのですが、私はちょっと日本のメディアが見当違いに騒ぎすぎだと思います。だってあれ自体になんのポイントもないわけですよね。

飯田)非核化と言ってもねえ……。

有本)非核化というのは向こうの言う非核化で、いままでも非核化について言及したことはありますからね。そんなことは一切履行されてこなかったわけだし。北の言う朝鮮半島の非核化というのは、在韓米軍も含めて朝鮮半島から核を無くそうという意味ですから。全く私たちのイメージとは違うのですよね、北朝鮮の非核化という意味ではないわけですから。
今後どうするかということですが、南北首脳会談の役割というのは、米朝の会談に結び付けるために金正恩氏が出てきて非核化ということをとりあえず口にすることですよね。

飯田)それでやる前にトランプさんが机をひっくり返さないように繋ぎ止めておくと。

有本)そうですね。それとやっぱり相当制裁が効いてきていると、北朝鮮を良く知る人の言葉も聞こえてきていますよね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top