ビビる大木が語る「開かずの踏切」衝撃の実態

By -  公開:  更新:

お笑いタレントのビビる大木がニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(6月5日放送)に出演し、地元の沿線をテーマに語った。

土屋:開かずの踏切があったんですか?

大木:東武線はね。ほんと(電車の)本数多いのよ。住宅街だから。だから、朝の通学とか踏切が開かない。

土屋:どうしてたんですか、そこ通るとき。

大木:俺は踏切越えずに通学できたから良かったけど。踏切越えてくるチームは、近所の家の人が学校に電話してくれて、「今子供たち踏切開かないわよ」って言ってくれてた。遅刻しちゃうから。

土屋:だって、武蔵小金井なんか、通勤ラッシュ時は1時間のうち59分閉まってるって言ってたよ。

大木:ほんとそうなっちゃうよ。住宅街って。それでも、昔にレール引いちゃってるから、どうしてもこの踏切なくすわけにはいかないみたいなのができちゃうのよ。

近年、解決されてきてはいるものの、未だに解決されていない踏切があると指摘した土屋と大木。行政の積極的な是正に期待したいと語り、この話題を締めくくった。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

Page top