西日本豪雨~現場では被災地のニーズに合った物資の仕分けに苦労

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月13日放送)に外交評論家の宮家邦彦が出演。広島在住のアウンサー井村尚嗣に電話をつなぎ、西日本豪雨による被災地の現状について聞いた。

西日本 豪雨 被害 浸水 漂流物 自衛隊 員 岡山県 倉敷市 真備町 地区

西日本豪雨被害 浸水による漂流物を確認する自衛隊員=2018年7月11日午前、岡山県倉敷市真備町地区 写真提供:産経新聞社

西日本豪雨、死者が200人に上ると菅官房長官が発表

菅官房長官)豪雨による人的被害者は死者200名、心肺停止1名、行方不明21名。いまもなお、多数の方が安否不明になっていることから、まずは人命第一の方針のもとに捜索、救助活動にあたると共に、道路水道の復旧、復興に全力で取り組んでおります。また、猛暑のなか被災者の方には国の判断によるプッシュ型の支援を迅速に行い、避難所における不自由な生活から一刻も早く脱して頂けるよう、全力で取り組んでいるところであります。

菅官房長官の昨日午後の記者会見によると西日本豪雨による死者が200人、心肺停止1人、行方不明21人と、平成で最悪の被害をもたらした西日本豪雨(平成30年7月豪雨)は大雨特別警報が広島、岡山などで発表されてから今日で1週間となる。

飯田)特別警報が至るところで出て、被害が大きくなるだろうと思ってはいましたが、ここまでのものになるとは……。

宮家)何十年に1度というのが本当にきましたね。私は高松に行ったのですけれども、幸い被害はなかったですが、隣の愛媛県ではもう大変だったわけですから驚きました。

現在の被災地の状況

飯田)1週間経っていまどういった状況なのか、被害の大きかった広島県の現状を、広島県在住のフリーアナウンサー、井村尚嗣さんに電話でお話を伺いました。

飯田)水曜日にお話させて頂いたときは、徐々に物流も回復してきているけどまだまだということでした。現在は如何ですか?

井村)物流に関しては、特に孤立の深刻だった呉市につながる国道31号、これは現在不通になっているJR呉線に並行している道路なのですが、迂回路ができました。丁度土砂崩れの海側に県所有の施設がありまして、そこを突っ切るようにして仮設の道路を作るという珍しいケースらしいのですが、そのために非常に速いスピードで31号は復旧しました。それまで山のなかを通って呉に行かなければならず、非常に渋滞していた迂回路の混雑は解消されることになりましたが、もともと31号の混雑緩和のために作られた広島呉道路という自動車道については、復旧のめどが立っていない状況になります。しかしこの31号が通ったことによって、呉市への出入りに関しては大きく緩和されたのではないかと思います。

被災地によるニーズに合わせた仕分けの困難さ

飯田)新物資については如何ですか?

井村)これも、道路の回復によって県外から直接お持ちいただく方もいらっしゃるようですね。各自治体の市役所や公民館にも、懸命にいただいた物資の仕分けをしながら発送の準備はしているものの、どこの避難所に持っていくべきか、地域のニーズに合わせて積み分けることに苦労しているようです。
東日本大震災のときの教訓を皆さんお持ちだとは思うのですが、その場所のニーズとマッチしたものを事前に察知していただくことが大事だと思います。

土砂 自衛隊トラック 地元 高校生

道路に流れ出た土砂を詰めた袋を自衛隊のトラックに載せる地元の高校生ら=2018年7月11日、広島市安芸区 写真提供:時事通信

甲子園予選を控えた野球部員はボランティア活動

飯田)この時期というと、高校野球の予選が各地で行われていますよね。

井村)広島は7日開幕の予定だったのです。これが11日に延び、とうとう17日の開催になりました。今年は100回の記念大会なのに、開会式もないのです。そして今回は、災害のあった近くの地域に、割と上位を狙う強豪校もたくさんあるのですよ。そういうところの野球部員が、大会の一番大事な時期にボランティアで出かけて行っている。なかなか報道されないのですが、SNSなどでそういう情報が上がってくると頭が下がる思いです。

飯田)最後の夏に追い込みで一番大事な時期なのに、ということですね。

井村)いつも地域の皆さんに支えられている意識が彼らにもありますから、精一杯のプレーを期待したいですね。

飯田浩司のOK! Cozy up!
FM93AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top