プロの撮る写真はなぜ違うのか?

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティーを務める「あさナビ」に写真家の安珠が出演。写真の魅力、また写真家として心掛けていることを語った。

黒木)今週のゲストは、写真家の安珠さんです。写真の魅力は何ですか?

安珠)写真って、タイムマシンだなと思うのです。
昨日食べた夕食と言ったときに、すぐには思い出せなかったりします。でも10年前の食事した写真を見たときに「このとき、この人の機嫌が悪くて」とか「この洋服大好きだったな」とか、1枚の写真からそのときの物語がウワーっと湧いてくるじゃないですか。写真は記憶していたことも残るし、歴史の1ページにもなる。そういった意味で、歴史を語るものです。
それで、真実しか映らないじゃないですか。目の前にコップがあったらコップしか映らないけれど、実はそのコップにいろいろな物語があったら、物語があるものとないものでは映り方も違うと思うのですよ。事実しか映らないけれど、そのなかに気持ちや真実を映し込めると信じているから、この職業を続けていける。それが流儀のような気がします。

黒木)写真家を続けていけるエネルギーみたいなものですね。

安珠)1番分かりやすいのが、技術の無いお父さんが娘の写真を撮ったとして、凄くぶれているけれどいい顔をして笑っていてね。何かほっこりするような写真。私みたいに技術があっても、やっぱり父親が撮った写真に敵わなかったり、恋人が撮った写真に敵わなかったりします。だから「負けてなるものか」と思ったりして(笑)。

黒木)親が撮った子供の写真は誰にも負けないというのはあると思います。でもやはり、プロのカメラマンが撮ると何かが違うのですよね。

安珠)被写体が人物であったら、一緒に何かをセッションできるって奇跡のようなことではないですか。だから、その奇跡を絶対に無駄にしないと思って撮影をしています。そこがぶれたらやめていますね。撮りたいものを撮るというのは若い頃から変わっていないけれど、求められるものに応えるということができる歳になってきたというか。それがプロフェッショナルという風になったのだと思います。求められることって素晴らしいことじゃないですか。だから、自分の技術を提供できるというのが、プロフェッショナルの1つだと思います。
去年から始まっている平安京を撮っているテーマがあるのですが、平安京のものがほとんど実在しないので、文献で読み解くのです。写真を撮っているよりデータ収集の方が多いのですが、そのなかから物語を読み取って、写真を作っていくのですね。そのときに、平安京というのは日本のスピリチュアルの概念の土台を作った時期なのです。その素晴らしさを現代人に伝えたい。当時の寿命が30歳だったので、時間のはかなさ……結局時間に特化しているのですけれども(笑)。
いろいろな気付きがあるのですが、それを伝えたいという思いが凄くあって、そういう点が昔とは変わってきました。昔は自分のわからないものに対してピントを合わせる。いまは、確実に見えないものを見えるものにしたい。そういう風になってきたのかな。

安珠/写真家

東京生まれ。学生のときにデザイナー・ジバンシーが来日し、専属モデルとしてスカウトされ渡仏。パリを拠点に世界各国の「ヴォーグ」や「エル」、パリコレに出演し、国際的なモデルとして活躍。
帰国後、1990年に写真家に転身し『サーカスの少年』を出版。その後、『少女の行方』『星をめぐる少年』『小さな太陽』など、文章を織り交ぜた物語のある独自の写真世界を表現。
また写真家として活躍する中、広告、雑誌連載、文筆、講演、審査やTV出演、ビジュアルプランから映像監督まで幅広く活躍。
2014年、東北を中心に「こどもたちの夢」をテーマにした写真集『Dream Linking☆つなぐ夢、千年忘れない』を出版。全国とパリで写真展を開催。
2017年発表の京都ライカギャラリーで、平安京に焦点を当てた『Invisible Kyoto-目に見えない平安京-』と並行して、中国の世界自然遺産である張家界の作品『仙人の千年、蜻蛉の一時』も長期に渡り撮影。オリジナルの写真世界を作り出す写真家として活躍している。
8月28日まで、安珠写真展『ビューティフル トゥモロウ~少年少女の世界』を開催。

『ビューティフル トゥモロウ~少年少女の世界』
2018年7月11日~8月28日まで。入場無料。
場所:キャノンギャラリーS(東京都港区)
これまで取り組んできた「少年少女の写真世界」をテーマにした作品展。
デビュー以来、写真展でオリジナル曲を提供してきた細野晴臣による楽曲が流れ、安珠さんの世界観をより一層演出。

ENEOSプレゼンツ あさナビ
FM93AM1242 ニッポン放送 月-金 6:43-6:49

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top