ロッテ1位佐々木は「国宝級」 ヤクルト1位奥川は「田中将大級」~ドラフト注目選手への期待度

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月17日放送)に、野球ライターの菊地高弘が出演。ドラフト会議を振り返りながら、注目を集めた佐々木朗希投手、奥川恭伸投手について解説した。

佐々木投手は大事に育成、奥川投手は即戦力

17日、プロ野球のドラフト会議が、都内のホテルで行われた。注目されていた、最速163キロ右腕の岩手県・大船渡高校の佐々木朗希投手は千葉ロッテから指名を受けた。一方、この夏の甲子園で準優勝に貢献した石川県・星稜高校の奥川恭伸投手は東京ヤクルトから指名を受けている。

【プロ野球ドラフト会議2019】ロッテが交渉権し会見する大船渡・佐々木朗希=岩手県大船渡市 2019年10月17日 写真提供=産経新聞社

森田耕次解説委員)注目のドラフト会議、会場にいる煙山光紀アナウンサーと野球ライターの菊地高弘さんとつながっています。まずは注目の佐々木朗希投手、4球団競合でした。ロッテが獲得しましたね。

菊地)去年もくじに勝ちましたので、井口監督はすごいくじ運だなと。佐々木投手は国宝級と言ってもいいくらいの逸材ですので、大事に育てて欲しいと思います。

森田)高卒ですから、すぐに1軍というわけにはいかないでしょうか?

菊地)佐々木投手はまだ体の骨や靭帯が成熟しきっていないという科学的な検査の結果が出ているので、スカウトはすぐに1軍で1試合投げさせても完封する力はある、ただ、それを続けてしまうと体がついていけない可能性があるということを言っていまして、適度に休ませながら育てることが現実的だと思います。

森田)県大会の決勝も出なかったのですものね。

【プロ野球ドラフト会議2019】ヤクルトD1位に決まり会見する星稜高校・奥川恭伸=金沢星稜大 2019年10月17日 写真提供=産経新聞社

森田)それから、星稜の奥川恭伸投手は3球団が指名しまして、ヤクルトスワローズの高津新監督がくじを引き当てたということですね。

菊地)こちらはどちらかというと即戦力に近い、完成度の高いピッチャーですので、上手くステップアップしていけば1年目から田中将大投手クラス。田中投手も1年目には10勝以上しましたが、それくらいの期待はかけられるピッチャーです。

森田)いずれメジャーに行きそうな感じもしますものね。

菊地)そうですね、佐々木、奥川両投手とも気配は漂っています。

来年の新人王は広島ドラ1・森下投手?

森田)そして、広島カープは1本釣りで、明治大学の森下暢仁投手。

菊地)1本釣りできたこと自体が奇跡と言っていいと思います。私も来年の新人王を予想しろと言われたら、森下投手をいの一番に挙げます。森下投手はボールに角度がありますし、ストレートだけではなくカーブ、チェンジアップ、カットボールと勝負できる球が豊富です。コントロールもいいので、恐らく高い確率で1年目から1軍戦力になると思います。

森田)OBの野村祐輔投手を追い越すかもしれませんね。

菊地)野村投手を介して上手くカープに馴染んでいける、そういった人間性も明治で磨かれていますので、あまり心配はいらないと思います。

煙山)森下投手の背番号、早くも「この番号でどうか」というものが出まして、18番です。すごくいい番号です。

広島時代の投球フォーム(2011年4月19日、横浜スタジアムにて)~(前田健太 - Wikipediaより)

森田)佐々岡(真司・新監督)、マエケン(前田健太)がつけていた。期待できますね。18番森下、19番野村で来年はこの2人の投手で頑張って欲しいですね。

ザ・フォーカス
FM93AM1242ニッポン放送 月-木 18:00-20:20

番組情報

ザ・フォーカス

火曜〜木曜 18:00-21:20

番組HP

錚々たるコメンテーター陣がその日に起きたニュースを解説。佐藤優、河合雅司、野村修也、山本秀也らが日替わりで登場して、当日のニュースをわかりやすく、時には激しく伝えます。
パーソナリティは、ニッポン放送報道部解説委員の森田耕次。帰宅時の情報収集にうってつけの番組です。

Page top