応援するなら南アフリカ!? ラグビーW杯決勝を10倍楽しく観るポイント

By -  公開:  更新:

今日11月2日に行われるラグビーワールドカップ2019決勝戦・イングランド対南アフリカについて、この日のニッポン放送「八木亜希子LOVE & MELODY」では特集した。

【ラグビーW杯2019日本大会 準決勝 南アフリカ代表対ウェールズ代表】 試合後 スタンドのファンと勝利の喜びを分かち合う南アフリカフィフティーン  右は、ビンセント・コッホに抱かれ笑顔を見せるファフ・デクラーク  =日産スタジアム  撮影日:2019年10月27日 写真提供:産経新聞社

この日の番組にはお笑いコンビ・ランパンプスの寺内ゆうきと小林良行がゲスト出演。高校時代はラグビー部で活躍し千葉県選抜にも選ばれたという寺内は、9月28日の同番組で「ラグビーワールドカップ 日本 対 アイルランドを10倍楽しむポイント!」と題して解説し、日本の勝利を見事に予想した。そんな寺内が勧める「ラグビーワールドカップ決勝を10倍楽しく観るポイント」とは。

応援するなら南アフリカ!

「どちらを応援したらいいか迷っている方もいると思いますが、応援してもらいたいのは南アフリカ。

ラグビーをよく見ている方なら、おそらくイングランドが勝つと予想しているでしょう。ただ、南アフリカは今回の大会で唯一日本が負けた相手であり、前回の大会では日本が逆転勝利を収めた相手でもあるので、決勝では日本の魂も背負ってくれているはず!

しかも4年前、南アフリカに勝った時の日本の監督はエディ・ジョーンズ。このエディ・ジョーンズは現在、決勝の相手であるイングランドの監督。もし南アフリカが優勝すれば、日本の強さも証明されることになります!」

ペナルティキックでの点取り合戦になる

「決勝戦は、トライではなくペナルティキックが多くなる試合が予想されます。

ペナルティキックにはキッカーが大切ですが、その前にペナルティを発生させなくてはいけません。決勝戦の審判がどの程度のプレーをペナルティとみなすのか、選手たちはそのギリギリを見極めて試合をすすめるはずです。

南アフリカの9番のファフ・デクラークは審判を取り込むのがうまい選手。彼の動きにも注目です」

イングランドの注目は幼馴染コンビ

「イングランドは12番のオーウェン・ファレルと、幼馴染である10番ジョージ・フォードのコンビに注目です」

八木亜希子LOVE&MELODY
FM93AM1242ニッポン放送 土曜8:30-10:50

番組情報

LOVE & MELODY

毎週土曜日 8:30~10:50

番組HP

あなたのリクエスト曲にお応えする2時間20分の生放送!
今、聴きたい曲を書いて送ってくださいね。

Page top