あずき、喜平、フィガロ…すべてネックレスチェーンの名前

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「鈴木杏樹のいってらっしゃい」

ネックレスのチェーンには、たくさんの種類があります。そのなかでも基本となるのが、『あずき』、『喜平(きへい)』、『ボール』の3種類と言われます。

『あずき』は『コマ』と呼ばれる、小さな輪が交互に繋がった形です。イメージとしては“指で輪を作ってつなげた状態”、またはパーティの飾り付けのときに作る、“色紙(いろがみ)の輪をつなげた状態”です。シンプルデザインですが、どんなタイプのペンダントトップとも相性がいいのが特徴です。

『喜平』は、小さな輪である『コマ』を押し潰して、平らにしてつないだチェーンです。『あずき』の場合は『コマ』の向きが交互になりますが、『喜平』は最初からひねってある『コマ』の向きを揃えてつなぐので、向きが同じになります。

『ボール』は、“金属製のボールをつなげて1本の状態にしたチェーン”です。好きな長さに切って使うことができるので、ネックレスをコーディネートしやすいのが特徴です。

『あずき』や『喜平』のチェーンで、長いコマと短いコマの2種類を交互に連結したものを『フィガロ』と言います。長いコマと短いコマの割合は『1:1』、『1:3』、『1:5』などが一般的です。

他にも、四角いパーツを交互に組み合わせて仕上げる『ベネチアン』など、チェーンにはたくさんの種類があります。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。

Page top