米民主党候補指名争いはバイデン氏とサンダース氏の一騎打ち~野球で言えばまだ3回の裏

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(3月6日放送)に上智大学教授・政治学者の前嶋和弘が出演。アメリカ大統領選、民主党の予備選候補者指名争いについて解説した。

「スーパーチューズデー」で予備選が行われた米カリフォルニア州ロサンゼルスでの集会で、聴衆に笑顔をみせるバイデン前副大統領。スーパーチューズデーで獲得代議員数を積みあげ、「本命」に返り咲いた=2020年3月3日 写真提供:産経新聞社

アメリカ大統領選の民主党候補指名争い~ウォーレン氏が撤退表明

アメリカ大統領選挙に向け、野党・民主党の候補者指名を目指していた左派のウォーレン上院議員が、選挙戦からの撤退を表明した。左派の間ではウォーレン氏が同じ左派のサンダース氏を支持するよう求める声が高まっているが、ウォーレン氏は明言を避けている。

飯田)普通は撤退と同時に、誰かを支持するものなのですか?

前嶋)この2人は討論会で戦っていて、かなり舌戦でしたからね。ウォーレンさんは「あなたは『女性は大統領になれない』と言った」と、わざと大きなところで言ったりもしています。対立のあと、すぐに「サンダースさんを応援します」とは言いにくいのだと思います。

飯田)しこりが残っていると。

前嶋)ただ、今後はいろいろな形で応援して行くのだと思われます。そして、もしサンダース政権ができたとしたら、どこに置くかと。副大統領はないと思いますが、財務長官あたりでしょうか。本人もやりたがっていると思うので、応援するには何かのポストという話になるのかも知れません。バイデンさんの方は、クロブシャーさんやブティジェッジさんが一気に応援に入りましたが、あの辺りもポストを考えているような気がします。

エリザベス・ウォーレン-Wikipediaより

ブティジェッジ氏は次を狙っての撤退か

飯田)ブティジェッジさんは、初戦で勝って華々しく出て来たではないですか。それがスーパーチューズデーを前にして、「え? 撤退してしまうのか」と思いましたが。

前嶋)最初はブティジェッジさんの作戦勝ちだったのですけれど、後が続かなかったのです。逆に言うと、アイオワではバイデンさんの作戦負けだったのです。アイオワとニューハンプシャーは、アメリカの予備選段階で報道の半分くらいが集中するのですよ。注目されて、そこで勝つとすごく伸びるように見える。お金も入って来るし、ある程度は選挙戦も続けられます。まさにブティジェッジさんはそうだったのですが、それ以降、南部でまったく運動をやっていなかったのです。アイオワ一発勝負、オールインだったのです。そこでは成功したけれど、それ以降は続かない、そんな感じだと思います。だからむしろバイデンさんを応援した方が、バイデン政権ができたら入れるかも知れないし、2024年の選挙戦につながるかも知れない。

飯田)次の選挙戦。

前嶋)4年後でも42歳で、まだ若手ですからね。

飯田)ケネディさんの就任が43歳でした。フレッシュさは4年後でも保てる。

前嶋)保てるし、「あのときにアイオワで勝った男だね」というバッジがあります。

飯田)全米に名を売ったということになるのですか?

前嶋)全世界でしょうね。

支持者にあいさつするブティジェッジ氏=2020年2月4日、米ニューハンプシャー州(ゲッティ=共同) 写真提供:共同通信社

バイデン氏とサンダース氏の一騎打ちに~野球で言えばいまは3回の裏

飯田)僕みたいな極東のアナウンサーでも、名前を言えるわけですものね。こうなるとサンダースさんかバイデンさん、一騎討ちかという報道もされていますが、そういう流れになりますか?

前嶋)一騎討ちですが、ポイントとしては代議員の過半数を獲れるかどうかですね。毎年変わるのですが、今回の場合は過半数を超えると1991人、ここまで行くかどうか。いまはおよそバイデンさんが550、サンダースさんが500です。現在の戦いがどこまで行ったかというと、スーパーチューズデーで33%くらいの大きさなのですが、前の数字と合わせてまだ4割くらいです。野球で言うと3回裏か、4回の頭です。

飯田)まだ序盤の序盤ですね。

前嶋)多少複雑ですが申し上げますと、7月13日のミルウォーキーの党大会で過半数を1回目の投票で獲れないと、後は話し合いになるのです。特別代議員も入って来るので、サンダースさんとしては絶対にここで1991人を確保しないといけない。バイデンさんの場合は、ここで確保しなくてもスーパーデリゲート(特別代議員)が推してくれるし、話し合いだったら自分の方が強いと思っています。

飯田)主流派だと。

米中西部アイオワ州シーダーラピッズ市の集会で支持を訴える、急進左派のバーニー・サンダース上院議員=2020年2月1日 写真提供:産経新聞社

バイデン氏が常に有利に行く

前嶋)ですので、バイデンさんが常に優位に行くのではないでしょうか。

飯田)4年前を考えても、サンダースさんが肉薄した上で「特別代議員はクリントンさん贔屓ではないか。そもそものスタンスがおかしい」ということを問題提起していましたよね。

前嶋)その特別代議員がおかしいから、今回は1回目の投票まで黙っているのですよね。でも2回目からラスボスが出て来る。よく考えてみたら、この流れは2016年とそっくりなのです。そうなると、「同じことを繰り返すのか。民主党ではエスタブリッシュメントがみんなでバイデンさんを応援している、許せない」という動きも今後は出て来ると思います。この辺りが12月に向けて、民主党としては怖いところです。逆に、トランプさんにとってみればラッキーになるでしょう。熱意がまだ足りないのですよ。どちらが盛り上がって行けるかがポイントになると思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top