ベーカリープロデューサーの岸本拓也~パン屋の店名には「楽しくなる逆説」が大事

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)にベーカリープロデューサーの岸本拓也が出演。屋号をつくるときに心がけていることについて語った。

岸本拓也

黒木)今週のゲストは食パンブームの仕掛け人、ベーカリープロデューサーの岸本拓也さんです。今回は、岸本さんがプロデュースしたおよそ250店舗のパン屋さんのなかから、食パンを持って来ていただきました。これが、1斤。そして、こちらは切っていただいた同じパン。柔らかい。

岸本)みずみずしさが特徴で、水分を多く含んでいるパンです。

黒木)本当に柔らかくて、焼きたくなくなりますよね。まずはそのまま?

岸本)まずはそのまま召し上がっていただきたいです。

黒木)甘い。耳がほっぺたみたい。耳って硬いから切ってしまうのですよね。

岸本)「耳がほっぺたみたい」って、すごくいい表現ですね。

黒木)これは切らなくて済みますね。で、これは何ですか?

岸本)蜂蜜をつけてちょっと塩をアクセントで。

黒木)「言葉がでないよハニー」と書いてありますね。これもプロデュースしたのですか?

岸本)鳥取でプロデュースしたパン屋さんで、「もう言葉がでません」というパン屋さんの「言葉がでないよハニー」という蜂蜜です。

黒木)蜂蜜と塩。このパンはどこのものですか?

岸本)こちらは相模原市の橋本にあります、「午後の食パン これ半端ないって!」というパン屋さんのものです。

黒木)ナイス、ナイス。こんな食べ方があるのですか。

岸本)ハマっちゃってですね、そのあと私は軽く炙ったりもします。トースターで軽く。そうするとまたさらに香りがしておいしいです。

黒木)このパンは「これ半端ないって!」というパンですか?

岸本)はい。

黒木)このネーミングはもうナイスなネーミングです、「午後の食パン これ半端ないって!」という屋号を付けられるわけですから。岸本さんの『「考えた人すごいわ」を考えたすごい人』という本を読んで、私もネーミングを1つ考えました。

岸本)え、何ですか?

黒木)私の実家は、福岡県の小さな田舎町にあります。そこでパン屋さんを出すとします。でも、私は東京で仕事をしているでしょう。なかなか行けないではないですか。ときどき行って、3週間くらいお店を開けるということになります。だから、「いつでも扉は閉まっています」という店名はどうでしょう?

岸本)シュールですね。いつでも扉は閉まっているけれども、美味しいものを食べたときに心の扉は開くのですよ。最高ですね。

黒木)岸本さんに対抗して。

岸本)逆説は大事なのです。「真面目になれない」とか、「いつでも扉は閉まっています」と言うけれど、行って開いているときに心の扉は開くのです。普通と同じような名前ではいけません。まずは知ってもらうために、ご高齢の方でも、小学生でも読めるようなひらがなを使うということは意識しています。1回食べていただいたら、満足していただけるわけですから。

黒木)パンが美味しいのは当たり前ですものね。

岸本)美味しさに積み上げられた楽しさですかね。

黒木)楽しくなりますね。

岸本)楽しいがいちばんですね。楽しいところに人は集まりますから。

岸本拓也

岸本拓也(きしもと・たくや)/ベーカリープロデューサー

■昭和50年、横浜市生まれ。関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。
■外資系ホテルを経て20代後半で独立。平成18年、横浜市にベーカリーカフェ「TOTSZEN BAKER'S KITCHEN(トツゼンベーカーズキッチン)」を開業。
■平成23から異業種のベーカリー開業を支援するコンサルティング業務を開始。平成25年、その業務を専門に請け負う会社「ジャパンベーカリーマーケティング」を設立。代表取締役社長に就任。これまでに約250店舗以上のパン屋さんを手掛ける。
■岸本さんがプロデュースするパン屋さんは味の豊かさはもちろん、店舗名・商品名がユニークで驚きの連続! 全国各地で行列ができるお店となっている。
「考えた人すごいわ」「これ半端ないって!」「パンダが笑ったら」「アゴが落ちた」「街がざわついた」「うん間違いないっ!」など。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top