参議院議員・橋本聖子の出産時、議員規則には「産休」の項目がなかった

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(2月14日放送)に、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当大臣、女性活躍担当大臣、内閣府特命担当大臣の橋本聖子参議院議員が出演。国会議員の出産について語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

淵澤由樹(アシスタント):橋本先生は、現職の参議院議員として初めて出産を経験されました。

橋本:いま、ようやく女性の国会議員が増えて来ています。また女性の議員が現職中に出産するケースも増えています。国会のなかでも、当たり前に感じてもらえる時代になったと思います。私の時代は、国会議員が出産を理由にお休みをもらうことができなかったんです。

自見はなこ:橋本先生が変えてくださったのですよね。

橋本:「出産」という理由でお休みをいただくことが、書き込めないような規則になっていました。「その他」という欄があり、「突発的な事故」と書いてありました。そこで男性、女性の議員の先生たちで「これはおかしい」と議員規則を改正して、「出産」で堂々とお休みをいただけることになりました。それがちょうど21年前になります。

自見:まさに道を切り開いていただきました。子育てで悩まれていた時期もあったそうですね。

橋本:まだまだ男性社会でしたので、女性の国会議員が子どもを産むなら、「子育てを終えてからもう1回、出直せ」「辞職するべきだ」という声もありました。いまでは考えられないことですよね。本当に悩みました。でも、国会議員としての仕事を全うしなければならないという思いがあったので、1週間と経たずに退院して、そのまま仕事に出ました。議員会館の事務所の一角にベビーサークルを持ち込ませていただいて、授乳しながら会議に出る。赤ちゃんが寝ているときは授乳できないので、搾乳しておいて冷やし、温めて飲ませてもらうと。その繰り返しでした。結局、ハイハイするまでの半年間、ずっと国会で育てました。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)


Page top