海岸漂着ごみに北朝鮮製のペットボトルが無くなった!? その背景は「コロナを恐れる金正恩の対策か」辛坊治郎がこの新聞記事に言及

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎氏が2月17日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。北朝鮮からの漂着ごみについての現状について言及した。

辛坊)今日(2月17日発行)の夕刊フジ4面にこれちょっと注目記事が出ていまして、10年に渡り北朝鮮の漂着ごみを探し続けているフリーライターの方のリポートなのですが……

『日本海沿岸には冬場、朝鮮半島北東部からの海流が流れ込む。昨年3月ごろまで、難破した木造船や無数のペットボトル、食品のプラスチック容器が押し寄せ、海辺の環境を悪化させていた。

ところが、今年1月、漂着物の多い海岸を1週間以上かけて探索したが、1年前には山のようにあった北朝鮮製のペットボトルを、1本も見つけることができなかった。』

~『夕刊フジ』2021年2月17日発行(4面) より

辛坊)……まったくないんですって。

増山さやかアナウンサー)そうなのですか。そんなに顕著に。

辛坊)まったくないのだけど、じゃあ、なんでまったくないのかという話が4面に詳しく出ていますが、簡単に言うと、北朝鮮がコロナの対策で金正恩というトップがどうも恐れていて、

『宮塚コリア研究所(甲府市)の宮塚利雄代表(朝鮮近現代経済史)は「中国との国境閉鎖を行った結果、中国製品が市場に出回らなくなり……』

~『夕刊フジ』2021年2月17日発行(4面) より

辛坊)……ということが背景にあるのではないか。もうちょっと詳しくは読んでいただければわかりますが、これ、かなり「へえ」という話でした。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分

番組HP

人気ニュースキャスター辛坊治郎が政治・経済・文化・社会・芸能まで、今日一日のニュースの中から独自の視点でズーム!し、ニュースの見方や本質を解説。リスナーが「なるほど」と感じるニュースワイド番組です。番組ハッシュタグは「#辛坊治郎ズーム」です!

[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月-木)/飯田浩司アナウンサー(木)

Page top