霜降り明星・粗品、“亡き父を歌った曲”がネットニュースになるも見出しにツッコミ

By -  公開:  更新:

5月7日(金)深夜、お笑いコンビ・霜降り明星の粗品とせいやがパーソナリティを務めるラジオ番組「霜降り明星のオールナイトニッポン」(ニッポン放送・毎週金曜25時~)が放送。粗品が、「父親を亡くしたときのエピソードを歌った曲」がネットニュースに取り上げられた際、その見出しが“訃報”になっていると語った。

粗品が高校生の頃に亡くなった父親のエピソードを笑いに変え、弾き語りしている動画が話題を呼んでいる。この動画は、数々のネットニュースで取り上げられたが、その取り上げられた際の見出しがおかしいとツッコんだ。

せいや:親父の歌、バズってるね?

粗品:まあまあ、軽くかなぁ。クセスゴ(『千鳥のクセがスゴいネタGP』フジテレビ)でやったんですよ。

せいや:ああ~、そうやな。

粗品:『親父が余命一年と言われて、次の月に亡くなりました』みたいなのをトークにして、ちょっと歌にもして。

せいや:いろいろソフト化するなよ(笑)

粗品:次は漫画にしようかなと。

せいや:まあ、漫画はあるわ。ほんまにそういう漫画は。ただただ、悲しい話だからな?ハッピーエンドじゃないからな。

粗品:うん。なんか最近、ネットニュースが、気になるぐらいに言ってくるというか。

せいや:ああ、そう?

粗品:はい。何を言っても“悲報”なんですよ。

せいや:あはははは! “悲報”と“爆死”は見ますね。

粗品:よく見るんですけど。“悲報・粗品、なんちゃらかんちゃら~”って。“悲報・霜降り MC終わってる”みたいな。よく、悲報を言われるんですけど、親父の歌も晴れて、ネットニュースになりまして。

せいや:はいはいはい。

粗品:“訃報”って言われました。親父の歌は(笑)

せいや:お前の親父、今、死んだみたいになってるん?(笑)

粗品:うん。訃報が流れてます。

せいや:もう、何年前ですか?

粗品:10年前ですね。でも今、訃報になりました。やっと。何が訃報やねん! どついたろうかい!(笑)。悲報、訃報……。

せいや:悲報、訃報の連続やな、確かに。

粗品:(ネットニュースでは)爆死してね、ありがたいことに。

せいや:爆死するね~。ホンマに。

粗品:めっちゃ、爆発しまくってるよな? 俺ら。

せいや:爆死、しまくってるな~。まあ、空(カラ)記事ですから、全部。訃報なんて、空記事よ。空っから。(※「空記事」は、せいやによる“間違った記事”という意味の造語)

粗品:空っから。意味ない?

せいや:意味ないね。

霜降り明星がネットニュースで取り上げられる際、見出しに“悲報”や“爆死”というワードが使われることが多々あると述べた粗品。しかし、亡き父親の歌を動画投稿した際は“訃報”というワードが使われていたため、「何が訃報やねん!」とツッコむと、せいやはそういう記事は「空記事」だとし、意味がないとリアクションした。

番組情報

霜降り明星のオールナイトニッポン

毎週金曜 深夜 1:00 - 3:00

番組HP

アグネス・チャンが好きなせいやと実家が焼肉屋さんの粗品。仲良しコンビ「霜降り明星」がビッグシティ東京で感じた事を語り、紡ぎ、一本の糸にし、それでセーターを編んでいくぽかぽかラジオ!


Page top