後藤、藤田、渥美……様々な“ヒロイン”が出てくる女子ソフト 日本代表 ~2連勝で好発進

By -  公開:  更新:

7月22日、東京オリンピック・ソフトボール1次リーグ 2日目が行われ、日本代表はメキシコ代表に3-2で延長タイブレークでサヨナラ勝ちし、2連勝を飾った。この試合を取材した、夕刊フジ運動部・山戸英州記者が23日のニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演し、レポートした。

【東京五輪2020 ソフトボール 予選】〈メキシコ対日本〉 8回を抑え我妻悠香とタッチする後藤希友=2021年7月22日、福島県営あづま球場  写真提供:産経新聞社

画像を見る(全3枚) 【東京五輪2020 ソフトボール 予選】〈メキシコ対日本〉 8回を抑え我妻悠香とタッチする後藤希友=2021年7月22日、福島県営あづま球場  写真提供:産経新聞社

新行市佳アナウンサー)東京オリンピックソフトボール日本代表が、7月21日のオーストラリア戦に続いて、22日のメキシコ戦にも3対2でサヨナラ勝ちしました。今朝はスタジオに、現地福島でこの2試合を取材した夕刊フジ山戸英州記者に起こしいただいています。おはようございます。

山戸)おはようございます。よろしくお願いします。

飯田浩司アナウンサー)いつもは阪神情報で電話で出てくださることが多いのですが、山戸さん、福島にいってらっしゃった?

山戸)行っていたのですが、暑かったですよ。日陰がないのですよ。

飯田)あのサヨナラのシーンも後ろでセミがジャージャーと鳴いているという。

山戸)そうです。

飯田)すごかったですよね。

山戸)セミの声以上に試合が熱すぎて、私が火傷しそうでした。

飯田)2対2で同点で8回に行って延長でタイブレーカーになって、ノーアウトランナー2塁からってすごい緊張感からスタートでしたね。

山戸)私もタイブレークの試合というのをほぼ初めて見させてもらったのですが、手に汗握るというのがまさにこの瞬間かなと思いました。

飯田)初戦のオーストラリア戦から入って取材されていたのですよね。

山戸)そうですね。その前の練習も見ていましたけれども。

飯田)初戦、上野投手が投げて、この試合も上野さん連投だったじゃないですか。

山戸)そうなのですよね。我々報道陣のなかでも初戦、2戦目と誰が投げるのかというのはみんなで話になっていたのですが、蓋を開けたらやっぱり上野投手に任せたなという感じでした。

飯田)そこはやっぱりプレッシャーがかかるところではエースだろうというのがあったのですか。

山戸)そうでしょうね。今回6試合でメダルが決まってしまいますから。

飯田)しかもあっという間ですよね。

山戸)落とせないのですよ。22日のメキシコ戦というのは、実質的にアメリカ代表に漏れた人が割とメンバーに入っているので、メキシコ戦って実は今回重要だったというのがいろいろ取材をしていても話が出ていたので。

飯田)では、“仮想アメリカ”みたいな感じでみんな戦うイメージですか。

山戸)はい。

飯田)そこで苦しみながら勝ったというのは、苦しんだ分だけ、「アメリカと部が悪い」と見るのか、勝っただけに「よかった」というか「成長した」という感じですか。

山戸)デカいのではないですか。

飯田)これはデカい。

山戸)はい。

新行)7回途中から後藤投手が登板して、堂々たるピッチングですばらしかったですけれども、いかがでしたか。

山戸)実を言うと、2年前の年末なのですが、代表合宿取材で沖縄に伺ったときに、「ソフトボール大会をやろう」と宇津木麗華とヘッドからお話がありまして、後藤投手と対戦したのですよ。

飯田)まじですか。生の球を受けたのですか。

新行)ええ。

山戸)はい。私は左座席で振ったのですが、もちろん3球3振ですけれども、当たらないです、あんなボール。昨日すごく堂々としていたじゃないですか。当時18歳だったと思うのですが、もじもじして「私ですか」みたいな感じで、その印象がこの1年間、コロナ禍でなかなか取材できなかったのですが、印象がものすごく変わったなという。

飯田)堂々として自信がついてということですか。

山戸)そのビフォーアフターの印象がすごく強いです。

飯田)なるほど。初戦のオーストラリア戦では3本ホームランが飛び出して、22日も1本藤田選手が出た。決めたのは渥美選手でという、ヒロインがいろいろなところから出てくるという印象があるのですか。

山戸)そうですね。上野投手の報道がすごく目立つのですが、ほかにもいい選手がけっこういますので、皆さん注目していただきたいと思います。

飯田)山戸さんの注目の選手というと、1人挙げるのは難しいと思いますが。

山戸)難しいですね。でも、きょうエンドランを決めた渥美万奈選手は、実はいろいろなことがあるので、23日の夕刊フジで、バシッと書きましたから。どこにも載っていない話を書いていますから、「こんな人か」というのをわかっていただければと思います。

【東京五輪2020】ソフトボール公式練習 球場外に設置された朝顔には子どもたちから選手へのメッセージが書かれていた=2021年7月20日午前、福島県営あづま球場 写真提供:産経新聞社

【東京五輪2020】ソフトボール公式練習 球場外に設置された朝顔には子どもたちから選手へのメッセージが書かれていた=2021年7月20日午前、福島県営あづま球場 写真提供:産経新聞社

飯田)今回、福島のあづま球場でしたけれども、暑さとかいろいろ現地に行くとわかることがあると思いますが、気づいたことはありましたか。

山戸)コロナ禍で無観客ということもありまして、いちばん印象的だったのは、スピーカーから歓声の声を流していたのです。演出なのですが。それは無観客で静かだと違和感があるということもありましたし、720基のプランターを準備して、地元の小学生が育てた朝顔を通路に置いて涼しげなシーンを演出したり、ちょっと普段とは違う五輪というのが伝わってきたのですが、地元の方がすごく努力されて盛り上げようというのが伝わってきました。

飯田)さあ、最後にずばり、日本代表金メダル獲れますか。

山戸)22日のメキシコ戦が取れたというのが大きいので、行くと思います。

飯田)なるほど。夕刊フジの記事、23日発売のものもぜひご覧いただければと思います。夕刊フジ運動部・山戸英州記者にお越しいただきました。ありがとうございました。

山戸)ありがとうございました。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。


Page top