「若者がワクチンを打たない」は本当か~緊急事態宣言に4府県を追加

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月30日放送)に外交評論家で内閣官房参与の宮家邦彦が出演。政府が新たに神奈川、千葉、埼玉、大阪にも緊急事態宣言を発出することについて解説した。

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」

政府が緊急事態宣言に4府県を追加する方針~東京、沖縄も8月31日まで延長へ

-----

菅総理)各自治体から要請があり、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置について、明日(7月30日)、専門家の会議にかけることを決定いたしました。またその場所と、あるいは期間等について明日決定させていただく予定であります。

-----

政府は東京都と沖縄県に出されている緊急事態宣言について、神奈川、千葉、埼玉、大阪の4府県を追加する方針を固め、与党側に伝えた。期間は8月2日から31日までで、既に出ている東京都と沖縄県の宣言の期限も合わせて延長する方針である。(※編集部注:30日の政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で決定された)

飯田)北海道、石川、京都、兵庫、福岡の5道府県に、新たにまん延防止等重点措置を適用する方針ということも出ています。

宮家)私は素人ですから、無責任なことは言いたくないですけれども、日本はそれほど大きな国ではないので、部分的に厳しくやっても人は隣の県に行ってしまったり、飛行機で違う県に行けば、何も規制のないところに行けるので、難しいところですよね。相手はデルタ株ですから、いままでと違う考え方をしなくてはいけないのかなと思います。

高齢者の感染率は低下~一定のワクチン効果はある

飯田)これまでの緊急事態宣言ではワクチンを打っている人はほとんどいなかったのですけれども、今回に関しては、高齢者等々の感染率を考えると、ワクチンは一定の効果があるのではないかという指摘もあります。

宮家)そうですね。ただ、私も2回打ちましたけれども、それでも感染はするわけでしょう。感染しても重症化しないとは言え、うつすことはあるかも知れないと考えると、やはりマスクをするなど、これまでの生活態度は変わりません。変えてはいけないのだと思います。しかし、繁華街を昨日(29日)も歩いてみたのだけれど、やはり若い人たちがまだ多いですね。若い人のせいにしたらいけないのだけれど……。

若者のワクチン接種は多くの地域でこれから~“いまさら打ってどうするのか”と思う若者も

飯田)いろいろな意見をいただきますが、26歳の女性の方、東京都品川区の“しほ”さんからです。「なぜ若者はワクチンを打たないのか、たびたび取り上げられて疑問に思えるのですが、例えば私の住んでいる品川区は、29歳以下のワクチン接種の予約は7月30日からなのです。なぜ打たないのかと聞かれても、打てないからだとしか言えないのです。外出が許されるならとっとと打って、私よりも下の世代は卒業旅行などに行きたかったいちばんの世代のように思います。もちろん誰を優先するか、非常に難しい問題であったと思いますけれども、いろいろなものを、コロナを理由に諦めた若者からすると、“いまさら打ってどうするのか”という諦観がぬぐえないかも知れないですよね」といただきました。そこの世代間の分断というものが。

宮家)日本などはまだいい方ですよ。アメリカなどのように、政治的な信条や貧困などの理由で特定の人たちが打たないということがある。それよりはいいと思いますけれどね。ですから、可能なら打ってください、打てるのなら。

飯田)供給の部分などは、これから先……。

宮家)ワクチン接種を終えた65歳以上の感染者は少ないので、実際に効果はあるのだから。

飯田)そこは数字で出て来ているところですよね。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。


Page top