侍ジャパン延長サヨナラ勝ち アメリカ戦勝利の「2つのポイント」 ~川相昌弘が分析

By -  公開:  更新:

8月2日の東京オリンピック・野球“侍ジャパン”の延長10回サヨナラ勝ちを受けて、野球解説者の川相昌弘氏がこの試合の勝利のポイントを分析した。

【東京五輪2020 野球 準々決勝】<日本対アメリカ> 10回 アメリカにサヨナラ勝ちし、歓喜する甲斐拓也(中央)ら日本の選手たち =2021年08月02日、横浜スタジアム 写真提供:産経新聞社

画像を見る(全3枚) 【東京五輪2020 野球 準々決勝】<日本対アメリカ> 10回 アメリカにサヨナラ勝ちし、歓喜する甲斐拓也(中央)ら日本の選手たち =2021年08月02日、横浜スタジアム 写真提供:産経新聞社

ニッポン放送 『垣花正 あなたとハッピー!』(月~木曜日 8時~11時30分 生放送)

ニッポン放送ショウアップナイター解説者・川相昌弘氏は8月3日、ニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」に出演し、2日に行われた東京オリンピック・野球日本代表のアメリカ戦について熱く解説した。

番組パーソナリティの垣花正にサヨナラ勝ちのポイントを聞かれると「後半の日本のピッチャー陣がしっかり抑えた事」「日本らしい地味な点の取り方がしっかりできている事」の2点を挙げた。

また、サヨナラ勝ちを収めた延長10回タイブレーク、無死1,2塁の場面を解説。まず、代打栗原の一塁前への送りバントについては「今までの野球人生の中で一番緊張したバントだったのではないか? あの場面のセオリーでは、三塁前に強いバントをするのだが、リスクもある。栗原はおそらく一塁前へのバントの方が得意なのではないか? それと2塁ランナーの柳田の足の速さを考慮した上で一塁前を選択したのでしょう」と送りバント世界記録を持つバントの神様も激賞。

続く甲斐のサヨナラ打については「ソフトバンクでチームメイトの栗原が初球できっちり送ったというのは大きかった。アメリカは内野5人の守備シフトを敷いてきたが、三遊間に3人、二遊間に2人と二遊間が空いていたので最初から右方向を狙っていたところにきた甘い球をしっかりと打てた。こちらはセオリー通りでしたね」と語った。

ニッポン放送ショウアップナイター解説者・川相昌弘氏

ニッポン放送ショウアップナイター解説者・川相昌弘氏

最後には『山あり谷ありの試合でしたが、苦労した「甲斐」がありましたね!』と軽やかに得意のダジャレも披露した。

<番組概要>
■番組タイトル:ニッポン放送『垣花正 あなたとハッピー!』
■放送日時:8月3日(火)午前8時~11時30分
■パーソナリティ:垣花正
■アシスタント:熊谷実帆アナウンサー
■番組メールアドレス:happy@1242.com
■番組ハッシュタグ:#happy1242

 

◆この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送1週間後まで聴くことができる。
https://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210803080000

【ニッポン放送 野球日本代表「侍ジャパン」放送スケジュール 】
~ニッポン放送では、オリンピック野球日本代表「侍ジャパン」の試合を全試合中継中。
●準決勝 日本対韓国戦:8月4日(水)18:50~22:00(試合終了まで完全中継)
●決勝戦(もしくは3位代表決定戦)も侍ジャパンの試合を生中継

番組情報

垣花正あなたとハッピー!

FM93/AM1242ニッポン放送 月~木 8:00~11:30

番組HP

ふつーの男・沖縄県宮古島出身の垣花正がお届けする、ニッポン放送が自信と不安をもってお送りする朝のワイド番組!レギュラー・ゲストとのコンビネーションもバッチリ!今の話題をハッピーにお届けしていきます!


Page top