兄弟揃って天才漫画家! あだち充の“破天荒すぎる兄”を描いた漫画『あだち勉物語』

By -  公開:  更新:

8月15日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組「ミューコミVR」(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。漫画家・あだち充の実兄である、あだち勉を描いた漫画『あだち勉物語』の魅力について、大の漫画好きで知られる吉田尚記アナウンサーが紹介した。

番組内では、コーナー「サポーターズVR by 小学館」を展開。こちらは、年間500冊以上漫画を読んでいる吉田が、今誰かにオススメしたい作品を紹介するコーナーとなっている。

『タッチ』『H2』で知られるあだち充の、兄・あだち勉も実は漫画家で、高校生でデビューした天才。あだち充も、兄のアシスタントとして一緒に絵を描いていた時期もあるが、その後すぐにデビュー。兄弟そろって天才漫画家なのだ。漫画『あだち勉物語』を描くのは、あだち勉の弟子だったありま猛。ありま猛といえば、“暗黒漫画”と言われてネットで話題になった『連ちゃんパパ』の作者。あだち勉、あだち充、ありま猛による破天荒な共同生活、漫画に人生を懸けた男たちの青春群像劇『あだち勉物語』の、おすすめポイント3つを吉田が解説した。

吉田:おすすめポイントその1、「『連ちゃんパパ』のありま猛が描いている」。みなさん、『連ちゃんパパ』って漫画は知っていますか?

豊崎愛生(ゲスト):知っています!

吉田:『連ちゃんパパ』という漫画、去年、突然ブレイクしたんです。なぜブレイクしたかというと、ものすごくかわいい絵柄なのに、パチンコにハマって破滅していく一家の物語を描いているんですよ。

豊崎:(笑)

吉田:これは『連ちゃんパパ』の話ですが、お母さんがパチンコにハマって大借金をして、家族の前からいきなり消えたりするんですよ。

豊崎:お母さんが蒸発……。

吉田:そして、お父さんも職を失ったり、パチンコにハマってしまったり。そんな話を『コボちゃん』みたいな絵柄で描いているんですよ。

豊崎:(笑)

吉田:そんな『連ちゃんパパ』で、ありま猛先生はものすごく注目されて。それで「次に描きたいものは?」と質問されて、ありま先生が「俺の師匠(あだち勉)、ヤバいから!!」ってことで描いたのが、『あだち勉物語』。実はありま先生、あだち勉先生のアシスタント、弟子だったんですよ。

豊崎:へぇー!

吉田:で、おすすめポイントその2は「漫画家’s漫画は名作」。

豊崎:なるほど。

吉田:漫画家さんが漫画を描くときに一番大切にしていることって、「取材」なのだそうで。

豊崎:あぁ~!

吉田:例えばバレーボールの漫画を描くときは、バレーボールの取材をめちゃくちゃするし、やっぱり詳しい方がお面白いですよね。

豊崎:確かに。

吉田:漫画家さんが漫画家のことを描いたら、誰よりも漫画家のことをよく知っているわけです。だから、漫画家’s漫画って、昔から名作ばっかりなんですよ!『まんが道』とか『バクマン。』とか。やっぱり取材が完璧だから。『あだち勉物語』でありま猛先生は、師匠・あだち勉さんに直接された、“いろんなヤバいこと”を全部描いています。

最後に、おすすめポイントその3は「配慮が必要ない」。あだち勉先生は2004年に亡くなりましたが、その“偲ぶ会”の場面から、この漫画は始まるんです。伝記漫画って、普通はご存命の方のことをいろいろ配慮するじゃないですか? だけど、全部描いても本人に迷惑がかからない、と……。

豊崎:そういうこと?(笑)

吉田:それで、あの『連ちゃんパパ』のありま猛先生が、破天荒だったという師匠の話を描くと。この先、楽しみしかないですよね!

豊崎:ストッパーがいない、ってことですか?

吉田:一応、あだち充先生がギリギリ、ストッパーですけど……。充先生は「どんどん描いてくれ」みたいなことを言っているそうです。

あだち充も公認ということで、あだち勉の破天荒ぶり、ヤバい話がコミカルにたっぷりと詰め込まれているという同作。さらに、ありま猛は赤塚不二夫のフジオ・プロに所属していたことから、漫画界のスーパースター達も多々、作中に登場するそうで、吉田は「一味も二味も違う作品です!」と熱っぽく紹介した。

漫画『あだち勉物語』は、コミックス第1巻が絶賛発売中。小学館のデジタル漫画サービス「サンデーうぇぶり」(https://www.sunday-webry.com/detail.php?title_id=1216)なら、第1話「人生ギャンブル」を無料で楽しむことができる。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top