DJ松永「自然に、危険を回避しようと」後輩を“くん”から“さん”呼びに変えた理由

By -  公開:  更新:

10月26日(火)深夜、ラッパー・R-指定(30)とターンテーブリスト・DJ松永(31)による音楽ユニット・Creepy Nutsがパーソナリティを務めるラジオ番組「Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週火曜27時~28時30分)が放送。前回19日(火)の放送でゲスト出演した、8人組ヒップホップグループ・BAD HOPのT-Pablow(25)、YZERR(25)について、DJ松永が途中から「くん」から「さん」呼びに変えたワケを語った。

前回のゲストBAD HOPは神奈川県・川崎を拠点に活動し、地元でも評判の“元不良達”で構成されているが、ヒップホップで成功、活躍してる。R-指定とは番組で共演しているが、DJ松永とはこの日がほぼ初対面で、ちゃんと話すのも初めてだと語っていた。

R-指定:先週はBAD HOPからT-PablowとYZERRが来てくれましたね!

DJ松永:楽しかったねー!

R-指定:楽しかったし、めっちゃ有意義な話もできて……。

DJ松永:なかなか新鮮な回になりました。

R-指定:俺の記憶が確かなら、松永さんは最初「パブロくん」「ワイザーくん」って言っていたけど、途中から「パブロさん」「ワイザーさん」に変わっていなかった?

DJ松永:あぁ~……。

R-指定:たぶん、俺の記憶が正しければ。

DJ松永:いや、あの~……鋭いね!

R-指定:鼻が利く?

DJ松永:鼻が利いてる、さすが。オッケー、オッケー、その通り(笑)

R-指定:あははは(笑)

DJ松永:俺、 R さんに事前に「“くん”で行くから」って言っていたんだけど。呼んだことなかったからさ。

R-指定:言っていましたね、本番前に。

DJ松永:「くん」が一番いい、自然だと思って。呼び捨てはさすがにないから、「くん」が一番丁度いいんじゃないかって思っていたけど、生物的な本能かな。自然に、危険を回避しようと。『このまま“くん”で呼び続けたら何かあるな』『これは“くん”ではない』って思って(笑)

R-指定:(笑)

DJ松永:これは俺の生物的な本能、生きる力を評価してほしい。俺は野生に出ても、野生の勘が……。みなさんも理科の授業を習ったと思いますが、脊髄反射です。

R-指定:(笑)

DJ松永:熱したやかんに触ったら「熱っ!!」って手を離すでしょ? あれはいちいち脳は考えていない、脊髄で動いている脊髄反射。脳で考えてないから! 野生の勘です!

生物的な本能で反射的に、途中から「さん」で呼んでいたというDJ松永。これについてR-指定が「そう? 別に何もされへんし、超優しいナイスガイ達やったやん。5歳下だけど、ちゃんとしっかり貫禄もあって、しかもぜんぜん威圧的でもない、めっちゃいいやつらだったじゃないですか?」と疑問。

当日、DJ松永とYZERRは隣同士の席だったことから「横にワイザーさん、来てみ? 泣きそう!」と再び冗談を飛ばし、さらに「なんか俺、無人島でもやっていけるかも」と言って笑いを誘った。

番組情報

Creepy Nutsのオールナイトニッポン

毎週月曜日 深夜1:00-3:00

番組HP

月曜日のオールナイトニッポンは、1MC・1DJユニット「Creepy Nuts」が担当! MCバトル日本3連覇のラッパー“R-指定”とDJバトル世界一のDJ、“DJ松永”の二人によるHIP-HOPラジオ! フロア同様、深夜ラジオ界を爆アゲさせます!

Page top