ヤクルト・高津臣吾監督に直撃 ~阪神から「1人引き抜かれる」としたら、真っ先にプロテクトする選手は?

By -  公開:  更新:

東京ヤクルトスワローズの高津臣吾監督が12月14日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。シーズンでの苦しい場面、また2軍監督のころから見て来た若手選手について語った。

【プロ野球ヤクルト新入団選手発表】挨拶する高津臣吾監督=2021年12月10日 明治記念館 写真提供:産経新聞社

最下位から優勝できた理由

飯田)ヤクルトのベンチの雰囲気は、羨ましいくらいにいい雰囲気で、フォアボールで走者が塁に出て、選手たちが「ワッ」と盛り上がる。あれは監督が意図してつくったものなのですか?

高津)いや、あれは若手や外国人選手も含めて、みんなが楽しめる雰囲気をつくったものです。ベテランの青木や石川がそれを許すというか、本人たちもそういう雰囲気をつくって行ったので、若い選手や外国人選手もそれに倣い、あの雰囲気をつくれたのではないでしょうか。

若い選手へのアドバイス

飯田)若い選手はナーバスな部分もあり、気持ちのつくり方が難しいのではないかと思います。どんなアドバイスをされたのですか?

高津)アドバイスはしません。特に技術のことに関しては、ほとんど言いません。球場のなかでは、どの場面でも選手はプレッシャーを感じているものなので、こちらからプレッシャーを与えることだけは絶対にやるまいと思っていました。少し背中を押す感じで、「元気を出してやればいいよ」とか、「失敗を恐れるな」など、その程度だと思います。

最もタフだった終盤の10連戦とGTの6連戦

飯田)今シーズンのなかで最もタフだなと思ったのは、どの瞬間でしたか?

高津)9月の終わりから10月にかけての10連戦と、GTの6連戦です。あそこは開幕したときから大きなヤマだと思っていたので、そこを乗り切れたのは大きかったと思います。

飯田)いろいろなシミュレーションを監督自身の頭のなかで思い描いていましたか?

高津)数えきれないくらいのシミュレーションを考えていました。ただ、野球は相手のあるスポーツなので、なかなか思い通りに行かなかったのも事実です。

日本シリーズで若手の奥川投手、高橋投手を1、2戦で先発させることは決めていた

飯田)若手ということでは、日本シリーズで奥川投手、高橋投手を1、2戦で先発させました。ベテランの石川投手もいるし、小川投手もいますが、ここはもう決めていたのですか?

高津)かなり早くに決めていました。CSの初戦で奥川に投げさせるのも、2つ目で高橋に投げさせるのも、そのまま日本シリーズでその2人を1戦目、2戦目で投げさせるのも、早くに決めていました。もちろん、他のプランもあって、CSを2位で通過したときの場合など、いろいろ考えてはいました。

「4番に育てるしかない」と思った村上選手

飯田)一方で、村上選手を使い続けました。高津監督が2軍監督のときから見ていて、「この選手は4番に」ということは当時から決めていたのですか?

高津)決めていました。4番に育てるしかないと思っています。状態によって、4番を外れることもあるかも知れませんが、チームの状態で彼を3番にしたり、5番にしたりということだけはやるまいと最初から決めていました。2月の宮崎2軍キャンプでの練習試合の初戦から、4番で使っています。

飯田)そのためにはポジションもしっかりとつくらなければなりません。そういうことも含めて、考えられて来たのでしょうか?

高津)バッティングや、遠くに飛ばすことに関してはずば抜けたものがありましたけれども、考え方や日常生活に至るまで、そういうところから2軍では教えて行かないといけません。0歩目、1歩目からスタートしました。

飯田)いまの1軍ラインナップも含めて、2軍のときから高津監督が見て来た人たちも多いし、ある意味の集大成のようなものですか?

高津)いや、まだまだですね。彼らはこれからです。この程度では終わらないですよ。

若い選手とのコミュニケーションの取り方

飯田)村上選手などは、自分の息子であってもおかしくないくらいの年齢ではないですか。そういう子たちとのコミュニケーションはどうなさっているのですか? 悩んでいる人も多いと思いますが。

高津)私も2人の男の子がいるのですけれども、長男と次男に挟まれた年齢が、ちょうど村上です。一応、その辺の男の子の気持ちはわかっているつもりです。大切な息子さんを預かっている監督という立場ですので、監督と選手という関係ではありますが、親子に近い関係を築いて行きたいと思っています。

阪神が「ヤクルトから1人引き抜く」というとき、真っ先にプロテクトする選手は?

飯田)最後に、私は阪神ファンなのですけれども、もし、阪神が「ヤクルトから誰か1人を引き抜くぞ」というときに、監督が真っ先にプロテクトをかけるのは誰ですか?

高津)1人ですか……。哲人ですかね。

飯田)山田哲人選手ですか。その心は? あまり聞いてはいけないかも知れませんけれど。

高津)あまりイメージできませんが、キャプテンで中心選手ですので、山田ですね。……いや、ちょっと待ってください、山田ではないですね。奥川ですね。いや、村上ですかね。

飯田)おお、陽動作戦に出られた。全部くれないですか。

高津)ダメです。ダメです。

飯田)1人たりとも、あげられないですよね。

高津)はい、無理です。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top