北朝鮮「集中的に撃っていい」という上からの指示か ~17日にミサイル2発発射

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月18日放送)に東京大学先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠が出演。北朝鮮が1月17日に日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射したというニュースについて解説した。

2022年1月17日、北朝鮮の国防科学院などの計画に従って行われたミサイルの発射実験 朝鮮通信=時事 写真提供:時事通信

北朝鮮が1月17日、弾道ミサイルを2発発射

韓国軍は、北朝鮮が1月17日午前、平壌市の順安飛行場付近から日本海に向けて、短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を2発発射したと発表した。飛行距離はおよそ380キロメートルで、高度はおよそ42キロメートルだったとしている。2022年に入ってから4回目の発射となる。

今年はじめに2回連続で撃ったものは、グアム付近までを狙った中距離弾道ミサイル

飯田)5日、11日、14日、17日と発射が相次いでいます。ここでは東京大学先端科学技術研究センター専任講師で、ロシアの軍事・安全保障政策がご専門の小泉悠さんに伺います。今年(2022年)に入り、4回発射している北朝鮮のミサイルについて、性能はどういうものでしょうか?

小泉)いろいろなものを撃っているのですけれども、今年のはじめに2回連続で撃ったものについては、いわゆる「極超音速ミサイル」を目指したものです。通常とは違う軌道を飛べるようにしていますし、写真を見ると、ブースターがかなり大きいので、グアム付近までを狙った中距離弾道ミサイルだと思います。飛行軌道だけではなく、射程の長いミサイルを北朝鮮は撃ちはじめているということです。これは米朝間で大きな課題になって来ると思います。

飯田)5日、11日のものと、14日、17日のものは違うのですか?

小泉)5日、11日のものは新型なのですけれども、その後のものは、17日のミサイルも含めて、以前から撃っているものです。2つのことが同時に起きていて、新型ミサイルの実験をしているという部分と、既に配備されているものの訓練が、同時に行われているのです。何らかの政治判断で、「いまなら集中的に撃っていい」という指示が上から来ているのだと思います。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top