創業のきっかけは香港で受けたメイドさんのサービス 家事代行ベアーズ副社長・高橋ゆき

By -  公開:  更新:

黒木瞳がパーソナリティを務めるニッポン放送「あさナビ」に株式会社ベアーズ取締役副社長の高橋ゆきが出演。「ベアーズ」創業のきっかけについて語った。

株式会社ベアーズ取締役副社長 高橋ゆき

黒木瞳が、さまざまなジャンルの“プロフェッショナル”に朝の活力になる話を訊く「あさナビ」。2月14日(月)~2月18日(金)のゲストは株式会社ベアーズ取締役副社長の高橋ゆき。2日目は、「ベアーズ」創業のきっかけについて---

黒木)高橋さんが暑苦しいほど愛のある経営を実践していらっしゃるこの家事代行サービスベアーズですけれども、創業のきっかけを伺いたいと思います。

高橋)1995年に香港に夫婦で海を渡りました。香港では現地法人に勤めました。一代で築かれた、いわゆるアントレプレナーの社長さんなのですけれども、女性の活躍を応援されていて、私にも、海外人材にもかかわらず、大変やりがいのあるマーケティング・マネージャーというポジションを用意してくださいました。

黒木)マーケティング・マネージャーを。

高橋)ビザが降りるかどうかというときに、嬉しいハプニングが起こりまして、第1子を妊娠したのです。しかし、その当時は若かったので、それを喜べなかったのです。これから仕事で活躍して貢献しなくてはいけないのに、まだ何もできていない。それなのに赤ちゃんができた。果たして自分は育てられるだろうか? 仕事と両立できるだろうか? 大丈夫だろうかと。

黒木)なるほど。

高橋)でも社長が「ゆき、大丈夫だよ」と。「この香港には暮らしの縁の下の力持ち的存在がいっぱいいてくれるんだ。必ず君のフィーリングに合う人がいるから諦めないで探してごらん」と家事を手伝ってくれるメイドさんを探すことを勧めてくれたのです。それで出会ったのが1人のメイドさんで、フィリピンから来たスーザンという人です。彼女に出会わなかったら、いまの自分はないと思います。彼女は献身的で、ハートフルで、自分の家族以上に私たちを気遣ってくれているのがわかるのです。

黒木)素敵ですね。

高橋)彼女のような人が働き手として、日本社会にもっと溢れたならば、社会にやさしい風が吹くのではないかと思いました。その横で夫は「このサービスがあるのはすごいことだね」と言いました。理由を聞いたら「だって君はママとしていつも息子にニコニコだし、僕に喧嘩をふっかけて来ない。優しくしてもらえている。だから、スーザンの存在は、女性のためだけではなくて、僕たち男性にとっても大切な存在だ」と。それから「1人でも多くの人にこのサービスを伝えて使ってもらいたい」と彼は思ったのですね。

黒木)なるほど。

高橋)この私と夫の2人の原体験が両車輪になりまして、「やるのであれば、社会に風を吹かせて行くために産業をつくろう」ということで、2人で創業しました。

黒木)いまや暮らしの新しいインフラになっています。

高橋)社会が「そんなの贅沢だ」とか、「一般庶民には関係ないでしょ」と言ったり、本人にも後ろめたさがある。そういうことがある以上は、なかなか越えられないだろうと。ならば、自分たちの努力が社会の風と共に進化して行けるようにということで、たくさんの人たちに支えていただいて、走ってまいりました。

黒木)私もみんなに支えていただいているので、よくわかります。でも贅沢なことではないのですよね?

高橋)そうです。

黒木)毎日ではなく、ちょっと保険にしておくということは心強いですよね。

高橋)スーザンは「Momが私に仕事を与えてくれるということは、Momが私に人生の幸せを与えてくれていることとイコールなのです。だから申し訳なさそうに言わないでください。どんどん頼んでください」と言うのです。ベアーズレディーはみんなそう思っているのです。

高橋ゆき(たかはし・ゆき)/ 株式会社ベアーズ 取締役副社長

■家事代行サービスのパイオニア「株式会社ベアーズ」の取締役副社長。
■社内では主にブランディング、マーケティング、新サービス開発、人材育成担当。
■家事代行サービス業界の成長と発展を目指す「一般社団法人 全国家事代行サービス協会」の会長を務める。
■経営者として、各種ビジネスコンテストの審査員や、ビジネススクールのコメンテーターを務めるほか、家事研究家、日本の暮らし方研究家としても、テレビ・雑誌などで幅広く活躍中。
■2015年 には世界初の家事大学設立、学長として新たな挑戦を開始。
■TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」、読売テレビ・日本テレビ系ドラマ「極主夫道」では家事監修を担当。1男1女の母。

番組情報

ENEOSプレゼンツ あさナビ

毎週月曜〜金曜 6:43 - 6:49

番組HP

毎朝、さまざまなジャンルのプロフェッショナルをお迎えして、朝の活力になるお話をうかがっていく「あさナビ」。ナビゲーター:黒木瞳

Page top