目指すのは「通信簿オール3」の信条 日本医師会・松本吉郎会長

By -  公開:  更新:

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」(8月7日放送)に、日本医師会の松本吉郎会長が出演。開業医としての信条を語った。

ニッポン放送「すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト」

自見はなこ:松本会長は昭和63年(1988年)に、埼玉県大宮市(現・さいたま市)で皮膚科と形成外科の医院を開業されています。年間340日間、患者さんと直接接しているそうですね。朝6時から列ができているのですか?

松本:2年前の新型コロナ流行後、密を避けるため、そして少しでも待ち時間を短くするために、朝早くから診察しています。早くから来ていただいている患者さんに感謝しています。

自見:すごい信頼関係ですね。

松本:日本医師会の役員になっても、現場を知っておくことは大事だと思います。あくまでも私は臨床医です。役員になり、診療できる時間は短くなってしまいましたが、可能な限り頑張っていきたいと思っています。

自見:開業医としての「信条」があるそうですね?

松本:大学の先生は相当上のことを要求されると思いますが、我々開業医は、少し変な言い方ですが「通信簿オール3」でもいいと思っています。要するに、2がない方がいいということです。1や2があってはいけないし、どの分野も3以上なくてはならない。逆に、5はそんなにいらない。「1つぐらい4や5があって、あとはオールラウンドにできる方がいいのかな」というのが私の考えです。

自見:まさに総合的なかかりつけ医ですね。

松本:なるべく幅広く自分の技量を磨いて、できることを増やしていく努力が必要なのかなと思います。

淵澤由樹(アシスタント):最後に、ラジオの前の子育て中のママやパパへ、メッセージをお願いします。

松本:少子化のなかでお子さんを育てることは、日本の未来にとっても素晴らしいことです。楽しんでお子さんを育ててください。今年(2022年)の4月20日、娘夫婦に初孫が産まれました。忙しくて1回しか会えていませんが、動画を送ってもらっています。すくすく育つ姿を見て、自分の仕事の糧にしております。子どもを育てることは大変だと思いますが、そのなかに楽しみを見つけ、喜びを見出しながら、ぜひ頑張って育てていただきたいと思います。

番組情報

すくすく育て 子どもの未来健康プロジェクト

毎週日曜 6:04-6:13

番組HP

この番組は、子育てで日々奮闘しているママやパパ、そしておじいちゃん、おばあちゃん、ご近所さんなど、子育てに関わる皆様に、役立つ情報を提供してゆく子育て応援プログラムです。
コメンテーター:自見はなこ 進行役:淵澤由樹(フリーアナウンサー)

Page top