9月1日には新製品も発表!「Xperia」シリーズ最新モデル「Xperia 1 IV」の超高性能カメラ&進化したサウンドを紹介

By -  公開:  更新:

8月28日(日)深夜、バーチャルMC・一翔剣(吉田尚記アナウンサー)がパーソナリティを務めるラジオ番組『ミューコミVR』(ニッポン放送・毎週日曜日23時30分~)が放送。「Xperia」シリーズの新モデル「Xperia 1 IV(エクスペリア ワン マークフォー)」を愛用している吉田が、同モデルに搭載されている魅力的な新機能を紹介した。

番組内では、コーナー『サポーターズVR by Xperia』を展開。様々な製品が注目されている「Xperia」シリーズだが、最新モデルである「Xperia 1 IV」が発売中。コーナー内では進化したカメラ機能を中心に、様々な魅力を解説している。

今回吉田は、バーチャルシンガーソングライターの夢追翔 (ゆめおいかける)をゲストに迎え、「Xperia 1 IV」に搭載された機能を紹介。同モデルはカメラが以前よりさらに進化しているほか、サウンドに関する新機能も追加されているという。

吉田:望遠レンズがポートレートに最適な85mmでして。この85mm〜125mmっていう間は、普通はスマホのカメラって一気に切り替えちゃうので、85mmからいきなり125mmとかになっちゃうことが多いんですけど。「Xperia 1 IV」は、85mm、86mm、87mm……みたいに、間が飛び飛びにならずに切り替えることができるんですよ。

夢追:スムーズに?

吉田:そうなんです。カメラ専用機で、長~いズームレンズとかたまにあるじゃない?あのズームレンズでリングを回したときの操作と同じことが、実は「Xperia 1 IV」だとできるんです。

夢追:え~!

吉田:カメラ専用機と同様の光学ズームに対応していて、解像感が劣化せず、綺麗な画質で被写体に寄った写真を撮ることができます。大人気の機能「リアルタイム瞳AF」との併用も可能です。印象的かつ美しいポートレートを撮影できますし、搭載された3つのレンズ全てで、4K 120fpsのハイフレームレートと5倍のスローモーション動画撮影が可能となっています。あと、かけるん(夢追)はシンガーソングライターじゃないですか。例えばギターで弾き語りをするときに、1本のマイクで録っちゃったら、同じトラックになっちゃいますよね?

夢追:そうですね。歌とギターの音が一緒になっちゃいますね。

吉田:「Xperia 1 IV」には「Music Pro」という新機能が付いていまして、収録した音をクラウド処理によって、ボーカルトラックとギタートラックを分けたりできるんです。

夢追:えっ!?録った後から!?

吉田:しかもマイク特性を完全に理解しているので、スマホのマイクで録ったんだけど、スタジオで録ったんじゃないの?みたいな音で録れるんです。レコーディングスタジオで録ったようなプロレベルの録音を体験できるのが、「Xperia 1 IV」なんです。

サウンドも進化した「Xperia 1 IV」の機能を知り、「シンガーソングライターにもおすすめですね!」と話していた夢追。そんな最高級の「Xperia」シリーズだが、早くも9月1日に新製品を発表することがティザー動画で公開されており、吉田も楽しみにしている様子だった。

さらに番組では、企画『Xperiaで笑いを切り取れ!写真で「それなー!」選手権!!』を実施。この企画は、Xperiaで撮影した最高の一瞬の写真に合う、最高の一言を考えてもらうという大喜利企画で、今回お題となったのはこの写真。

同写真は、吉田の横顔を「Xperia 1 IV」に搭載されている24mmレンズを使用して撮影したもの。渋い顔をしているのは太陽が眩しかったためで、やや逆光気味の直射日光が立体感を強調している。横顔でも瞳AFは完璧に動作していて、ピントをバッチリ合わせている。企画内では“この写真に合う一言”をリスナーから募集し、さまざまな回答を紹介して盛り上がった。

番組情報

ミューコミVR

毎週日曜日 23:30 - 24:30

番組HP

ニッポン放送初のVRアナウンサー「一翔剣(いっしょう・けん)」がお届けする、カルチャー・エンタメプログラム。YouTube Live上に『VR』空間を展開し、60分のラジオ番組を同時生配信! 一翔剣は、2019年に"HoneyWorks"ヤマコ氏のデザインによるVRアナウンサーとして活動開始。今回、アイドル・アーティストとして活動する西井万理那(ZOC)、末吉9太郎(CUBERS)を番組パートナーに迎え、『VR』空間でコラボレーションしていく!!

Page top