高橋洋一氏が政府・日銀の円買い介入に言及 「介入はいいから評価益を出すべき」

By -  公開:  更新:

数量政策学者の高橋洋一が9月28日、ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」に出演。政府・日本銀行が9月22日に実施した外国為替市場での円買い・ドル売りの為替介入について解説した。

【外国為替 ドル円 みずほ証券】政府、日銀による円買い介入後の円相場を表示する電光掲示板=2022年9月22日午後6時15分、大阪市中央区 写真提供:産経新聞社

政府・日銀が円買い為替介入

飯田)9月22日に政府は円買いの為替介入を行いました。実は儲かったのではないか、というような話もありますが。

高橋)介入して儲かったのではなく、そもそも為替が円安になっていて、財務省がドル債を120兆円持っているのは間違いないのです。そのときの取得レートは100円ちょっとなので、普通に考えたら3割ほどの評価益が出ているはずです。

飯田)しかも今回、円に換えたことで、その利益が確定したということですよね。

かなりの評価益が出ている ~介入はせずに評価益を出すべき

高橋)3兆円は間違いなくそうです。3兆円だから、これだけで1兆円弱は評価益が実現損益になっているはずですけれども、まだ120兆円あるので、数十兆円はあるはずです。はやく評価益を出せと思います。介入しなくてもいいから評価益を出せよ、で終わるのです。

飯田)益が出た部分は、財源になるのですか?

高橋)税外収入です。実は外為特会は益がたくさん出ることを、私は以前から知っていたのです。だから前に埋蔵金男と言われていたとき、20兆円近く出した記憶があります。あまり為替が安くならなくても益は出るのです。

飯田)高橋さん以降で、埋蔵金から益を出した人はいるのですか?

高橋)いません。

飯田)では、あの当時からずっとたまっているということですか?

高橋)だから当時、法律をつくったのですが、その法律を辿っていくともう1回できるのです。これはチャンスで、今度の経済対策で財源がありますよといろいろな人に言って、みんなが「えー」と言っているのだけれど。国会で質問になると思います。

飯田)来週から、いよいよ臨時国会ですね。

番組情報

飯田浩司のOK! Cozy up!

FM93/AM1242ニッポン放送 月-金 6:00-8:00

番組HP

忙しい現代人の朝に最適な情報をお送りするニュース情報番組。多彩なコメンテーターと朝から熱いディスカッション!ニュースに対するあなたのご意見(リスナーズオピニオン)をお待ちしています。

Page top