岸田首相の本音は「これで悪者にならずに済む」 山際氏が“クビ”ではなかった理屈を辛坊治郎が解説

By -  公開:  更新:

キャスターの辛坊治郎が10月25日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送「辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!」に出演。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係をめぐり、山際大志郎経済再生担当相が辞任した裏舞台について、岸田文雄首相の本音を解説した。

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係が相次いで判明した問題の責任を取り、辞任を表明する山際大志郎経済再生相=2022年10月24日午後7時08分、首相官邸 写真提供:産経新聞社

世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係をめぐり、野党の追及を受けてきた山際大志郎経済再生担当相が24日、辞任した。これを受け、岸田文雄首相は25日、後藤茂之前厚生労働相を起用した。

辛坊)「瀬戸際大臣」と与党の人も呼ぶくらいですから、誰が考えても風前の灯でしたが、ついに山際氏が辞任しました。建て前としては、本人が「辞める」と言ったことになっています。岸田首相も記者団に、こう言っています。「山際氏から『国会審議に支障をきたすことは本意ではないので、職を辞したい』と申し出があった」。つまり、本人が「辞めたい」と言うから仕方がないということにしたいのでしょう。国会答弁で「辞めさせるつもりはない」とずっと言ってきたので、整合性を取らざるを得なかったわけです。

ところが、岸田首相の本音はいささか違います。要するに、悪者になりたくないんですよ。山際氏は麻生派です。その山際氏をクビにしたとなると、自民党副総裁で麻生派を率いる元首相の麻生太郎氏から、「うちの派閥議員クビにしやがって!」と、にらまれかねないわけです。そこで、山際氏本人が「辞めたい」と言っていることにすれば、「仕方がないので、お辞めいただきました」という理屈が立ち、悪者にならずに済むというのが本音ですね。

もう1つ重要なのは、旧統一教会と関係が取りざたされている閣僚は他にも何人かいるため、「山際氏をクビにした」と言ってしまうと、野党から「他の閣僚たちの処分は、どうするんだ!」と追及される恐れがあることです。そこで、「山際氏を辞めさせるつもりはないけれども、本人が『辞める』と言っているから仕方がない」ということにすれば、そうした追求もかわせるわけですね。本当は岸田首相が「頼むから辞めてくれ」という感じでクビになったのだけれども、実はそういう理由があります。

番組情報

辛坊治郎 ズーム そこまで言うか!

月~木曜日 15時30分~17時30分 

番組HP

辛坊治郎さんが政治・経済・文化・社会・芸能まで、きょう一日のニュースの中から独自の視点でズームし、いま一番気になる話題を忖度なく語るニュース解説番組です。
[アシスタント]増山さやかアナウンサー(月曜日~木曜日)、飯田浩司アナウンサー(木曜日のみ)

Page top