花も宇宙も…コスモスと呼ばれるヒミツ

By -  公開:  更新:

コスモスと聞いて、あなたは何を思い浮かべますか?

この季節なら花を思い浮かべる人も多いかもしれません。日本人にも親しみのあるコスモスの花。そして、宇宙のことも同じようにコスモスと呼ぶんですよ。花と宇宙。全く違う事柄を指すのに、同じ言葉。それは起源となる言葉が同じだからなんです。


花も宇宙も…コスモスと呼ばれるヒミツ

コスモスの起源はギリシャ語の「Kosmos, Cosmos」。意味は「秩序」。反対語はカオスというとわかりやすくなりますね。なんと、化粧を表すコスメティクスもこの言葉が語源です。

さかのぼること古代ギリシャ。かの有名な哲学者ピタゴラスがはじめて宇宙をそう呼びました。同時代、調和のとれているものへこの言葉は使われました。“世界のすべては数的・美的な秩序を根源としている”という考えから宇宙にも用いるようになったのです。やがて宇宙論をコスモロジーと呼ぶようになり、ルネサンス期には宇宙全体をマクロコスモス、人間の魂や心をミクロコスモスと呼ぶようになりました。

規則正しく並んだ花びらや星のように散った花の群れは、どこか美しい宇宙を彷彿とさせたのかもしれません。ちなみにコスモスの花言葉は「調和」「謙虚」「乙女の真心」。乙女の真心も宇宙のよう?

コスモス

コスモス(香取市与田浦を考える会HPより)

この時間スタジオの窓から見える街路樹は風で揺れています。正午の千葉の気温、18・4度です。

風で揺れる・・・と言えば、私はコスモスを思い浮かべます。そんなコスモスを堪能できる香取市の「与田浦コスモスまつり」が10月9日まで開催されています。

3ヘクタールもの遊休地に咲く、約300万本のコスモスを観賞できる香取市の秋の恒例イベント。お馴染みの赤や白、ピンクのほか、珍しい黄色のコスモスも見受けられます。

花の名所は、写真のスポットとしても人気で、高架線を走る列車とコスモスを一緒に撮影する方も大勢訪れているそうです。嬉しいことに無料でお花の摘み取りもでき、入場無料。時間は9時~午後4時まで。

車いすの方もお越しいただけます。場所は、JR鹿島線・十二橋駅から 徒歩約1分。先ほど電話で伺いましたら、今がまさに見ごろです!と仰っていました。詳しくは、NPO法人『香取市 与田浦を考える会』電話 090-2336-2285までお問い合わせ下さい。

第13回与田浦コスモスまつり

第13回与田浦コスモスまつり(香取市与田浦を考える会HPより)

第13回与田浦コスモスまつり

開催期間:2017年9月10日(日)~10月9日(月)9:00~16:00
入園料金:無料 駐車場有り(無料)
会場:与田浦十二町歩
アクセス:電車…JR鹿島線「十二橋駅」下車 徒歩約5分 お車…東関道「大栄IC」より約16km 圏央道「神崎IC」より約19km(カーナビには、「十二橋駅」と入力して下さい)
お問い合わせ:(事務局)090-2336-2285 開花状況、アクセス等、お気軽にお問い合わせ下さい
備考:車イスでの入場可
http://www.geocities.jp/yotaura/menu3.html

【ハロー千葉】


Page top