3R?リサイクル・リデュース・リユースの違いを知ろう!

By -  公開:  更新:

その言葉が浸透して久しい「リサイクル(recycle)」。私たちも日々の生活でゴミを分別したり、着古した服をお店の回収ボックスに持っていったりしていますよね。

リサイクルとは「再循環」。製品を資源に戻し、新たな製品の原料として利用すること。また再循環できない再生利用についても広くリサイクルになります。マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクルとサーマルリサイクルに分けられます。

マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクルとは素材としての再利用。例えばペットボトルを回収してまたペットボトルにするリサイクルがこちら。一方、サーマルリサイクルとは熱としての再利用。ただ廃棄するだけではなく、焼却で発生する熱を“熱エネルギー”として利用するのです。

リサイクルと似た環境用語に「リデュース(reduce)」「リユース(reuse)」があり、3つ合わせて「3R」と呼ばれています。リサイクルはわかりましたが、他の2つは何を指しているのでしょう?

3R?リサイクル・リデュース・リユースの違いを知ろう!

リデュースは日本語に訳すと“減量”。なるべく環境負荷や廃棄物が出るのを抑えて、無駄をなくすこと。例えばトイレで流すときに大と小を選ぶのはなるべく水を使わないように、水資源に配慮しているんです。

リユースを日本語に訳すと“再使用”。これはもうおわかりですね。古着を着たり、使わないものをバザーに出したり、物をそのままのかたちでまた利用することです。アンティークなんて趣向も素敵ですよね。

日本の循環型社会形成推進基本法では、これらの優先順位を

①リデュース
②リユース
③マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル
④サーマルリサイクル

としています。そしてそれらの可能性がなくなった最後のものが

⑤廃棄物

とされて処理されるのです。

私たち地球に住むみんなの未来のために、こうした取り組みがますます活性化されることを祈っております。そして、そんな取り組みのひとつをご紹介しますね。これは3Rのうちどちらでしょう?

 

秀工業

千葉県成田市、香取市の解体工事・産廃処理なら、秀工業にお任せを!(秀工業HPより)

花や野菜などの園芸に欠かせない「堆肥」、しかも廃材からできているなんて信じられますか?千葉県成田市にある「秀工業」は木造住宅専門の解体工事の会社なのですが、実は堆肥も作っているんです。

では、何が原料になっているかというと・・・木造住宅の解体によって出た、梁や柱の廃材から出来ているんです。通常は産業廃棄物として処分してしまうんですが、家屋から出た木材はとても良質的なものが多く、堆肥としてリサイクルしているのです。

しかも、この堆肥を使って野菜を作ったところ、廃材を利用したとは思えないほど、甘みのあるおいしい野菜ができました。

秀工業が独自の製法で開発した「秀じいの堆肥」は土に混ぜるだけなので、家庭菜園などこれから始める方や植物の成長にお悩みの方におススメですよ。

「秀じいの堆肥」で農薬に頼らない、ナチュラルで健康な野菜を育ててみてはいかがでしょうか?

詳しくは、ホームページか、電話0120-533-831までどうぞ。
インターネットでも販売中です!

秀じいの堆肥

秀じいの堆肥(堆肥専門店 * 秀じいの店 *HPより)

秀工業「秀じいの堆肥」
http://0120-533-831.com/

「秀じいの堆肥」販売フォーム
http://www.hide-g.com/cgi-bin/hide-g/siteup.cgi?category=1&page=0

【ハロー千葉】

Page top