平昌五輪後、米朝会談は当分ありえない!?

By -  公開:  更新:

2/26(月)FM93AM1242 ニッポン放送『高嶋ひでたけのあさラジ!』今日の聴きどころ④
これからの米朝関係はどう動くのか?

7:17~やじうまニュースネットワーク:コメンテーター須田慎一郎(ジャーナリスト)

文在寅 大統領 イバンカ 金英哲 平昌 冬季 五輪 オリンピック 閉会式

平昌冬季五輪閉会式で、韓国の文在寅大統領(手前)から声を掛けられるイバンカ米大統領補佐官。右から2人目は北朝鮮の金英哲朝鮮労働党副委員長 2018年2月25日 写真提供:時事通信

文在寅大統領と北朝鮮金英哲氏が会談~金英哲氏「アメリカと対話する充分な用意がある」

平昌オリンピックが閉幕した昨日、金正恩朝鮮労働党委員長の側近とされる金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長が韓国の文在寅大統領と会談した。金英哲氏はこの中で、アメリカと対話する充分な用意があると表明しており、今後の北朝鮮を巡る国際情勢がどうなるか注目される。

オリンピックは日本全国歓喜の渦となりましたが、その一方で、これ程、政治性が高かったオリンピックも珍しかったのではないかと思います。北朝鮮の金与正氏がまず、韓国を訪問して、美女応援団なるものがクローズアップされました。昨日は閉会式を前に北朝鮮の金英哲副委員長が韓国の文在寅大統領と1時間にわたって会談をしました。この金英哲氏、8年前、2010年の韓国、哨戒艦沈没あるいは延坪島砲撃で主導的な役割を果たした言わば強硬派と呼ばれる人物です。

高嶋)それがトップで来たんですからね。

畑中)そして大統領と会談してしまうわけですから。韓国大統領府によりますと、この中で金英哲氏はアメリカと対話を行う充分な用意がある。南北関係と米朝関係が共に発展しなければならないと表明したということです。ただ核開発を続ける方針は変えていませんで、こうした発言に対してアメリカのホワイトハウスは非核化への第一歩を示しているのか見極めると、正に様子見という姿勢を示しております。ちなみに昨日のオリンピックの閉会式では貴賓席に文在寅大統領とアメリカのイヴァンカ大統領補佐が、その一段、上の席に金英哲氏が座っていました。文在寅大統領が一段低い席から見上げるように手を伸ばして、金英哲氏に握手を求め、金氏がこれに応じるとこういう一幕もありました。これに対して、イヴァンカ氏と金英哲との接触はありませんでした。

高嶋)政治色が非常に強い平昌オリンピックと言われましたが、終わったらどう動くのか。トランプ大統領も一番厳しい制裁をまたすると言っておりまして、せどりとかああいうのは許さないぞというような。さてこれからどういう風に動いていきますか?

須田)基本的には金正日政権時代から、北朝鮮は一貫して米朝直接対話、二国間協議というのを常に要求しています。これに対してアメリカは二国間協議を正式な場ではやらない。関係諸国間で協議をしていくというスタンスを崩していません。それに業を煮やして北朝鮮は核ミサイルを開発したのですが、ではアメリカが米朝二国間協議に応じるかというと、応じませんよ。応じない、応じるにあたっては核ミサイルの、先に放棄をすることが先だみたいな状況になっていますから、ある意味で、もう言ってみれば、千日手に近いかたちになってきたんじゃないかなと思います。

高嶋)動きがフリーズすると。

国際連合 旗

国際連合旗(国際連合 - Wikipediaより)

国連制裁決議に違反している国は日本も含めて49ヵ国 

須田)ええ。その間で何が起こるかというと、さっき、せどりなどを禁止するための更なる制裁措置をする、これがアメリカ一国としての制裁措置ですからね。ただその根拠としては、言ってみれば国連制裁決議に違反している国・機関・組織に対しての制裁ですから、根拠がないわけじゃない。驚くことに国連制裁決議に違反している国は、最新のデータで49カ国ある。49カ国の企業だとか、個人が制裁決議違反やっているのですね。

高嶋)日本も入ってる?

須田)日本も入ってるんですよ。それはたまたま知らずにやってしまったというケースのようなのですが、それでも制裁決議違反は制裁決議違反。これに対してアメリカが一つ一つ潰していくという作業をこれからやっていくのかなと思います。

北朝鮮 核問題 ミサイル 攻撃 範囲

北朝鮮ミサイルの攻撃範囲(北朝鮮核問題 - Wikipediaより)

交渉に至るには核開発を巡る問題が課題となっている

高嶋)文在寅さんは南北の会談やりたいようですけど、どういう条件が整ったら、あの辺は動くのですか?

須田)核ミサイルの開発を廃棄をするという条件を北朝鮮が飲んだ段階でしょうね。

高嶋)それ以外は考えられない。

須田)考えられないですね。ただそれを飲むことはないでしょうね。

高嶋)でも文さんもつんのめって、行きたくてしょうがないような顔をしています。

須田)行きたいでしょうね。ただ北朝鮮がそれを飲むことはないでしょうから、まあここも綱引きが難しいところです。

高嶋)アメリカは話し合いはするけれど、交渉はしないと言ってるのですよね。条件付けてもだめなんですねこれ。

須田)交渉したくてもまだ戦略が整っていませんからね。

高嶋ひでたけのあさラジ!
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 6:00~8:00

Page top