日本酒の豆知識 「大吟醸酒」や「純米酒」の違いを知る!

By -  公開:  更新:

かぐわしい香りでヘルシーと誉れ高い日本酒。ビタミンやミネラルの他、必須アミノ酸やペプチドなどたくさんの成分が含まれていて、美容効果や健康維持を期待できるといわれています。それは麹菌のパワー! 日本酒は麹菌を使った世界でもあまり類を見ないお酒です。

ところで日本酒を嗜んでいると「大吟醸酒」や「純米酒」という表記が出てきますよね。いったいこれはどういう意味かご存知でしょうか。


日本酒の豆知識 「大吟醸酒」や「純米酒」の違いを知る!

一口に日本酒と言っても普通酒から超高級酒まで種類はさまざま。それらは原料(米・米麹など)や精米歩合によってランクが決まります。例えば「純米大吟醸酒」「大吟醸酒」「純米吟醸酒」「吟醸酒」は超高級酒ですが、「純米大吟醸酒」「大吟醸酒」の違いは醸造用アルコールが添加されているかどうか。大吟醸酒には醸造用アルコールが添加されています。醸造用アルコールとは米を原料に製造されたアルコール。日本酒醸造の中で発酵したアルコールと外から入ったアルコールが反発し合い、吟醸香と呼ばれるフルーティーな香りが生まれます。

また精米歩合とは玄米を100%とし、磨いた後の白米の割合を表しています。精米歩合が60%なら40%を精米したという具合です。「純米大吟醸酒」は精米歩合が50%以下、高級酒の中でも階級の低い「本醸造酒」は精米歩合が70%以下。こうした違いが味わいを絶妙に変化させていくのですね。

ちなみにお米を水と少しの日本酒を入れて炊くとぐっと美味しくなるといいます。料理にも大活躍する日本酒は万能ですね。

 

発酵の里こうざき酒蔵まつり 2018 千葉県 神崎町 役場

『発酵の里こうざき酒蔵まつり2018』の開催について|お知らせ|千葉県神崎町役場ウェブサイトより

今日は、日本酒がお好きな方へおすすめ! 『発酵の里こうざき 酒蔵まつり』をご紹介します。300年以上の歴史をもつ2軒の酒蔵、「鍋店(なべだな)」と「寺田本家」の沿道が歩行者天国となり、酒蔵の周辺全体が会場となります。

酒蔵を見学したり、無料試飲を楽しんだり。当日限定のお酒も販売されるそうです。また、ミニステージや地元の新鮮な野菜や発酵食品など、およそ200店の露店も並びます。

『発酵の里こうざき酒蔵まつり』は、今度の日曜日25日、午前9時~午後3時半まで。雨天決行です。お酒を飲まれる方は、公共の交通機関をご利用くださいね。JR成田線・下総神崎駅から会場まで「無料シャトルバス」も運行されます。

詳しくは、神崎町のホームページをご覧ください。

発酵の里こうざき酒蔵まつり2018
開催日:平成30年3月25日(日)9時00分~15時30分
会場:千葉県香取郡神崎町神崎本宿 河岸通りから鍋店神崎酒造蔵
交通:JR下総神崎駅から酒蔵まつり会場までは、無料シャトルバスが10分~15分間隔で運行されます。
駐車場:神崎神宿圃場
カーナビを設定する場合は下記を参考に
千葉県香取郡神崎町本宿163 神崎町役場
電話:0478-72-2111
https://www.town.kozaki.chiba.jp/00news/2018-0119-1351-10.html

【ハロー千葉】

Page top