イケメンと一緒に泣く!?前代未聞の「涙活」イベントとは

By -  公開:  更新:

実業家で、涙活プロデューサーとしても活躍する寺井広樹が、ニッポン放送「土屋礼央 レオなるど」(5月8日放送)に出演し、意識的に泣くことでストレス解消を図る活動「涙活」について語った。

まず、寺井は、泣ける映画ベスト3というテーマでオススメの映画を紹介。第3位は「フラガール」第2位は「永遠の0」そして、第1位は「湯を沸かすほどの熱い愛」であった。

また、現在プロデュースしているとう「フリメソ2018」についても紹介。「フリメソ2018」は、59人のイケメンたちが、おばあちゃんに買ってもらった上履きなど、思い出がたくさん詰まった私物を涙ながらにプレゼンして手放して泣くというものであるという。前代未聞のイベントに、パーソナリティの土屋礼央も驚きを隠せない様子であった。

寺井は、涙活参加者の実話を集めた「人生の大切なことに気づく奇跡の物語」(かんき出版)という本も出版しており、今後も涙活の普及に励んでいくという。近年、参加者が増えているという涙活。あなたも参加してみてはいかがだろうか。

土屋礼央 レオなるど
FM93AM1242ニッポン放送 月曜-木曜13:00-16:00

Page top