スーパーの必需品「ショッピングカート」は、サクラを雇って普及させていた?!

By -  公開:  更新:


スーパーマーケットで買い物されるとき、『ショッピングカート』を利用される方、いらっしゃるかと思います。特にたくさん買い物する時など、とても便利ですよネ。
そんなショッピングカートの開発の先駆者の一人が、アメリカ・オクラホマシティで食料雑貨店を経営していた、シルヴァン・ゴールドマンさんです。

ゴールドマンさんは、お客さんが買い物を止めるのは、買い物カゴが重くなったとき・・・ということに気づきました。
そして1937年に折りたたみイスをヒントに、ショッピングカートを開発しました。

ところが、見た目がベビーカーを連想させることから、“ベビーカーを押しながらお店の中を回るなんてみっともない”、“男性は自分の手で持ち運ぶべき”といった理由で、不評だったそうです。
そこでゴールドマンさんは、アルバイトの買い物客、いわゆる”サクラ”を雇って、ショッピングカートで買い物をさせました。それを見て、一般のお客さんもショッピングカートを使うようになったそうです。
こうしてショッピングカートが受け入れられるようになり、広まっていきました。

このシルヴァン・ゴールドマンさんの他に、世界初のスーパーマーケット『キング・カレン』の創業者マイケル・カレンさんが、ショッピングカートを発明した、という説もあります。


■杏樹の感想

私達にとって、とても身近なスーパーマーケットですが、駐車場の存在は本当に大きいですよネ。私もよく利用します。

今回、スーパーマーケットをテーマにしたのは、この番組のスタッフの方のご自宅のすぐそばに大きなスーパーがありまして、そんなところからスーパーについて調べてみよう! ということになりました。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。


Page top